体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャパンディスプレイ、スマートフォン向けのフレキシブル液晶パネル「Full Active Flex」を開発

ジャパンディスプレイは 1 月 25 日、プラスチック素材の基盤で柔軟性を持たせることに成功した 5.5 インチのフル HD 液晶パネル「Full Active Flex」を開発したと発表しました。Full Active Flex の特徴はパネルを曲げても割れずに表示を維持する点です。どこまでの曲げに耐えられるのかは明らかにされていませんが、Galaxy S7 edge のように両サイドの折れ曲がった状態でスマートフォンに搭載することも可能と言われています。同社の従来製品では、液晶分子やその電圧を制御するトランジスタなどの主要部品をガラス基板を利用して製造していましたが、これを薄いプラスチック素材に変えて実現しています。JDI は Full Active Flex パネルを 2018 年に量産する方針と述べているので、来年のスマートフォンで目にすると予想されます。今回紹介された液晶のスペックは、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの IPS-NEO 液晶で、60Hz / 30Hz / 15Hz 動作をサポート。最大輝度は 500 カンデラとされています。Source : JDI

■関連記事
Snapdragon 820を搭載した「Galaxy Tab S3」がGFX Benchに登場
Android版「GIPHY」にGIFのダウンロードボタンが追加
OnePlus、OnePlus 3 / 3Tのベータ版ROMの開発を1ヶ月ほど中断

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。