体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宝石店が無料で配布したダイヤ! 早くも『ヤフオク』に出品される

東京・銀座でダイヤモンドを無料で配布した『モーブッサン銀座 フラッグシップストア』。たたでさえ高額なダイヤモンドを無料で配布すること自体が前代未聞のイベントだが、無料配布用の約0.1カラットのダイヤモンドを5000個も用意したというから太っ腹である。

そんな5000個のダイヤモンドを手に入れるべく、長蛇の列を成した人々。当日に手に入れられなく、引換券だけ受け取って帰った人もいたようである。フジネットワークスの報道によると「聞こえねーよ。誠意がねーよ。誠意がよー。こっちはもらえるっていって並んでたんだからさ」と、待たされた挙句に手に入らなかった怒りをぶつけた人もいたようだ。

そんな大盛況の無料ダイヤモンドだが、早くもインターネットオークション『Yahoo!オークション』に出品されていることが判明した。しかし、ダイヤモンドそのものではなく、ダイヤモンド引換券が出品されている状態である。

なぜダイヤモンドが出品されていないのか? 考えられるに、並んだものの引換券しか手に入らず、また銀座に行くのも面倒くさい。そこで、「ならば『ヤフオク』に出してしまおう!」と、引換券を出品したのではないかと思われる。

2009年6月1日23:20現在、ふたつの引換券がそれぞれ違う人物により出品されており、3,000円スタートの引換券に入札者が一人、1,000円スタートの引換券も入札者が一人となっている。重ねて言うが、どちらもダイヤモンドではなく引換券なので、落札後に銀座まで交換をしに行かなくてはならない。

原価にして5,000円前後とされるダイヤモンド。はたして、どれくらいまで入札額があがっていくのか楽しみである。ちなみに、このダイヤモンドをアクセサリー等に加工する場合、最低でも5万円の加工料がかかるそうだ。
 

■こんな注目のニュースもあります
暗闇にポッ “ホタル前線”到来、全国各地の出現予想
老舗ジュエラー『モーブッサン』のダイヤを“タダ”で手に入れた
新聞紙面をそのまま読む『iPhone/iPod touch』向け電子新聞が登場
デキる男ほど、インフルエンザ対策が万全なわけ
会社が崩壊! 11期連続赤字もネタにする自虐的ジャレコ公式サイトが話題

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。