体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Chromebookでソフトウェアキーボードを有効にする方法

タッチパネルを搭載した Chromebook でソフトウェアキーボードを表示する方法を紹介します。Chromebook はノート PC なので通常は物理キーボードを利用して文字を入力しますが、Chromebook Flip や Chromebook R 11 などのタッチパネルと回転ヒンジを搭載した機種はタブレットとしても利用できるので、タブレットモードの場合の文字入力にはソフトウェアキーボードが必要になります(Bluetooth キーボードでも)。まずは Chromebook の設定メニューにアクセスし、「詳細設定」モードに切り替えた後、「ユーザー補助」セクションまでスクロールします。そして、「画面キーボードを有効する」にチェックを入れます。表示されるソフトウェアキーボードは QWERTY スタイルで、Chromebook のキーボードと同じように文字を入力したり、英語・ローマ字入力を切り替えます。

■関連記事
The Guardianによると、Galaxy S8は“Infinity Display”を搭載、3.5mmオーディオジャックも付いているらしい
I-O DATA、Galaxy S7 edge用Clear Viewカバーの新色ブルーを発売
「LINE Pay」のコード決済をローソンで体験、JCBカードの場合は要注意

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。