体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その息切れ“肺の老化”が原因かも…セルフチェックで若々しく元気な肺を!

その息切れ“肺の老化”が原因かも…セルフチェックで若々しく元気な肺を!
最近、階段を上っただけで息切れを起こしてしまったりしていませんか?

年を重ねるとともに、肺も老化が進むそうなのですが、そのメカニズムや要因は一体何なのでしょうか。

今回は医師の建部先生に肺の老化の原因、懸念される疾患、肺を老化させるNG行動、肺の老化セルフチェックなどを解説していただきました。

肺が老化する原因

その息切れ“肺の老化”が原因かも…セルフチェックで若々しく元気な肺を!
そもそも、肺に限らず臓器がどのくらい良好に本来の機能を果たすべく働くかどうかは、その臓器を構成する細胞がいかに機能するかどうかに直結しています。

少なくとも老化した細胞の機能は良好とはいえません。また、臓器によっては老化細胞が死滅しても置き換わらないため、一定以上の機能を持つ細胞数は体の老化とともに著しく減少します。

また体内機能の大半は年齢とともに低下するといわれおり、一般的には30歳前でピークに達し、その後はゆっくり連続的に衰えていくと考えられております。

細胞の老化に関しては現在もはっきりした原因が分かっておりませんが、肺という臓器の老化に強い関連が考えられるのは以下の諸説が唱えられています。

1:遺伝子プログラム説

人間の体を構成する細胞に寿命があるという考え方です。

細胞内において、細胞分裂期に観察されるDNAが折りたたまれて棒状の構造体となっている染色体において、遺伝情報を担っている染色体の末端にテロメアと呼ばれる部位がついています。

テロメアは、細胞分裂の際に遺伝情報を正しくコピーして受け渡す働きをしていますが、分裂するたびに火のついたロウソクが短くなるが如く徐々に短くなっていき、ある程度まで短くなると細胞分裂をやめて細胞は自己破壊してしまいます。

テロメアの長さ自体は個人差があるものの、一般的には若年者のほうが長いということになり、細胞分裂不可能となれば、肺をはじめとした臓器を構成する細胞が減少しその結果、臓器機能の低下が生じるため老化のサインとなります。

2:DNA損傷説

遺伝子を構成しているDNAが紫外線や放射線、活性酸素といった外部刺激で損傷することにより遺伝情報伝達ミスが起き、その蓄積が細胞の老化につながるというものです。

3:免疫機能説

身体を守る免疫機能が低下することで、病気を引き起こし老化につながるというものです。

免疫機能の低下として知られている原因として、環境やストレスなどが挙げられますが、加齢も原因の一つとされています。

実際、免疫担当細胞の中で重要な働きをするナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性も、加齢に伴い減少していくことが知られています。

4:活性酸素説

酸素自体は、人がブドウ糖や脂肪を分解してエネルギー作り出す際に体内に取り込まれ、使わなかった酸素の一部が余剰の活性酸素となります。

そして最終的に人体を構成する細胞にダメージを与え、その細胞機能の低下やDNAの損傷を引き起こし細胞の老化に至るものです。

現代人の私たちの生活において、食事やストレス、喫煙、大気汚染、オゾン層破壊による紫外線暴露量の増加がさらに多くの活性酸素を体内で発生させているので、体内で必要以上の活性酸素による刺激を受けることになり、細胞の老化を引き起こしまうと考えられております。

5:糖化反応説

近年の研究において、タンパク質と糖が加熱や酵素反応で結合してすることを糖化現象と呼び、糖化の最終産物を終末糖化産物(AGEs;Advanced Glycation End-products)が老化を進める原因物質であることが分かってきました。

終末糖化産物(AGEs)には2つの系統があります。

1:動物性脂肪食品を焼いたり揚げたような唐揚げ、フライドポテト、ホットケーキなどの身近な飲食物由来のもの

2:血液中の余剰なブドウ糖が体内のタンパク質と結びつくことで形成されるもの

いずれの場合も、終末糖化産物(AGEs)が肌の老化や脳の老化に伴う認知症をはじめ、心筋梗塞や脳梗塞、骨粗鬆症、白内障の一因となるばかりか、メタボリック症候群等にも関係しており深刻な疾病をも引き起こすリスクが高いとされ、そのコントロールが重要と考えられています。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。