体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「仕事を辞めて、世界を旅したい」。そんなあなたの背中を押す6つの提案

「仕事を辞めて、世界を旅したい」。そんなあなたの背中を押す6つの提案

いつか仕事を辞めて、海外へひとり旅することを企んでいる人もいるのではないでしょうか?とは言っても、これは、人生を左右するかなり大きな決断。思い切れなくて憧れで終わってしまっている…という人もいるはず。

そんなあなたの憧れを後押しする記事をまとめたのが、「Elite Daily」のライターLogan Herlihyさん。彼の意見に心を動かされたなら、あとは世界を駆け巡るだけ。

01.
時間は本当に
価値のあるもの

「仕事を辞めて、世界を旅したい」。そんなあなたの背中を押す6つの提案

多くの人が映画俳優や宇宙飛行士といった憧れの職業には就けないし、僕たちはいつかこの現実に目を向けなければいけない。だからといって、平凡な生活以外に選択肢がないわけじゃないはずだ。たとえば視点を変えれば、自分の夢に近い仕事には就けるかもしれない。それなのに、大人になるにつれ「子どもの頃の夢は叶わない」と決めつけて、その可能性に気づけないでいる。

今の自分から抜け出すためには、最初の一歩を踏み出さなければならない。たとえば今の仕事をあと何十年も続けることを考えてみる。恐ろしくてたまらないと思うなら、辞めるのもひとつの考えだ。お金がすべてじゃないし、貯金があるからといって幸せにはなれるわけでもない。ほとんどのものがお金で買えても、「今」という時間は買い戻せないんだ。

自分の腕さえ、あればどこでも仕事に就ける。そう信じてみてはどうだろうか?もしかしたら、今の会社で少し上の役職に就けたかもしれない。だとしても、そこで得る給与を振り払って、新しい世界へ飛び込んでみてはどうだろうか?憧れの地でやりたいことをやる。充実した時間から学ぶことは、きっと多いだろう。

02.
今まで気づかなかった
自分と向き合える

「仕事を辞めて、世界を旅したい」。そんなあなたの背中を押す6つの提案

「わかっているようで、何もわかってない(You think you know, but you have no idea)」というのは『The Real World』の有名なセリフ。自分探しの旅ほど、リアルなことはないだろう。

夜市に足を運んでみるだけでも、新しい発見はたくさんある。人ごみの中で紙皿にのった食べ物を口にするまでは、チェーン店で座り心地のいいシートに腰をかけて食事をするのが好きだと思っているかもしれない。大好きなコーヒーだって、知らないことはたくさんあるかもしれない。

自分をよく理解し、限界を知ることは大切だ。わかっているようで、わかっていなかった自分に出会ってみてほしい。

03.
許容範囲が広がる

「仕事を辞めて、世界を旅したい」。そんなあなたの背中を押す6つの提案

じつは僕も、できることなら危険は冒したくないし、安全な場所から離れたくはない。それでも旅をするのは、人生観を変えてくれる最高の出会いがたくさんあるからだ。

冒険や経験が、お金なんかより大切であることに気づかせてくれた人たちは、何事も恐れずに人生を突き進んでいた。彼らには、明日がなければ過去の過ちもない。あるのは今だけだ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。