体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

徳永英明、デビュー30周年記念ツアーを1/29にWOWOW独占放送“ファンの歌声に「最高です」”

徳永英明、デビュー30周年記念ツアーを1/29にWOWOW独占放送“ファンの歌声に「最高です」”

2016年、デビュー30周年を迎えた徳永英明が、自身のキャリアを総括する全306曲からファンのリクエストによって選ばれたナンバーを収めた作品「ALL TIME BEST Presence」をリリースした。このアルバムを携え、6月から12月にかけて行われた全44公演の全国ツアーの中から12月15日、名古屋・センチュリーホール公演の模様を1月29日にWOWOWで独占放送する。

30年間に発表された数々の楽曲のミュージックビデオがスクリーンに映し出されたオープニングを経て、青一色に染められたステージに桜色のスーツに身を包んだ徳永が姿を現すと、「君の青」でライブはしっとりと幕を開けた。満場の手が揺れ、オーディエンスのコーラスが重なり合うと、温かな空気が場内を包み込んだ。

深い愛情が胸を打つ「抱きしめてあげる」「愛が哀しいから」、「永遠の果てに」や鮮烈なデビュー曲「レイニー ブルー」など、新旧様々な楽曲がこのステージを彩り、キーボードの音色に乗せて「夢を信じて」を歌い終えると、徳永は優しく微笑み、一礼した。そして、「僕のそばに」の後に披露されたのは、「黄昏を止めて」。“愛せる者は 守りたい者は 君しかいない きっと”と熱唱し、本編を終えたのだった。

アンコールでは、「ALL TIME BEST Presence」収録曲の中でも古い楽曲「さよならの水彩画」(87年発表シングル「輝きながら…」c/w)が披露され、拍手が湧き起こる一幕も。キャッチーなナンバー「WE ALL」では終始オーディエンスのハンドクラップが鳴り響き、“忘れないで その笑顔を 忘れないで どんな時も”と客席を見渡しながら歌う徳永の姿が印象的だった。

さらに、場内いっぱいのオーディエンスの歌声で、この日一番のシンガロングとなった代表曲「壊れかけのRadio」を終え、「最高です」と徳永は笑顔を見せた。

ステージに幕が下りると、「presence」の音色とともに歴代のCDジャケット写真とスタッフロールが映し出され、このライブがエンディングへと向かう中、再び幕が上がり徳永が姿を現した。そして、大きく手を振りながらオーラスを歌い上げると、「どうもありがとう!」という言葉をもって、終演を迎えたのだった。

“ベスト・オブ・ベスト”とも言うべき代表曲満載の贅沢なライブ映像を通して、その魅力的な徳永英明の歌声に酔いしれてほしい。

Text by 金多賀歩美

番組情報
「徳永英明 コンサートツアー 2016 ALL TIME BEST Presence」
2017年1月29日(日)20:30[WOWOWプライム]
収録日:2016年12月15日
収録場所:名古屋 センチュリーホール
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/tokunaga/

関連リンク

WOWOWhttp://www.wowow.co.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。