体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プチプラコーデのカリスマ・Yokoが伝授!冬の子連れ旅で「防寒対策×おしゃれ」を実現するコツ

プチプラコーデのカリスマ・Yokoが伝授!冬の子連れ旅で「防寒対策×おしゃれ」を実現するコツ 20170124-aicatch-yoko

子ども連れの旅行といえば、動きやすさが大切。また、冬となると寒さ対策も欠かせません。

ところがこれを重視すると、どうしても「おしゃれ」から遠ざかってしまう…。

そんな悩みを持つママのために、プチプラコーデのカリスマ・yokoがコツを伝授!

寒さ対策も動きやすさもしっかりおさえつつ、ちょっぴりおしゃれも取り入れられる、子連れ旅におすすめの冬コーデのポイントを3つ教えます。

1 アウターには軽くてかさばらないウールコートを!

冬の旅行には一番暖かいダウンなどのアウターをチョイスするのが一番と思いがちですが、子供を抱っこするシーンが多い場合、暖かすぎるアウターでは逆に暑すぎることも。旅行では乗り物に乗ることも多いので、案外暖房の効いた場所にいる時間の方が長い場合もあります。

また子連れだと荷物も多くなるので室内で脱いで、手に持ってもかさばらないアウターだと便利です。

膝丈のウールコート。

そこでオススメなのが膝丈のウールコート。

長いアウターだと腰回まで暖かいですし、ボリュームはさほどでないので、脱いだ時の持ち運びも安心。また室内で着ていても暑くなりすぎない所も嬉しいです。

ダウンやモッズコートなどと比べるとカジュアルになりすぎないので子供と遊ぶ時やおしゃれなレストランでランチする時など、様々なシーンに対応できるのもありがたいです。

2 タートルネックを活用しよう!

寒い時期に防寒しながらおしゃれできるアイテムと言えばストールですが、子連れだとなかなかストールを首に巻けないことが多いです。

抱っこするとき首元にストールがあると邪魔になってしまうし、肩からかけてもするっと落ちてしまったりします。寒いから必要!と、チョイスしてしまいがちですが、案外使うシーンが少なく荷物になってしまうことも多いかもしれません。実際私は荷物になってしまった経験があります。特に旅行時はできる限り荷物を少なくしたいもの。

そこで便利なのが首まであたたかいタートルネック。

タートルネック

ストールを巻かなくても首元をしっかりガードしてくれるので防寒ばっちり。

そして、何よりコートを閉めた時にもちらっと見えて差し色にもなるので、ストールを巻かなくてもおしゃれ感が出ます。定番のモノトーンカラーもおすすめですが、

一枚で華やかな印象になるカラーアイテムもオススメです。

3 便利な靴と靴下コーデでおしゃれに防寒!

子連れ旅行に欠かせない動きやすいぺたんこ靴。スニーカーとヒールのない靴の2つがあれば、旅行中のコーディネートの幅も広がり、かつ動きやすくてオススメです。

靴

スニーカーから靴下をチラ見せさせると、おしゃれに防寒できます。タイツにソックスを合わせてさらに暖かくしてもいいですね。ハイカットスニーカーなら靴下が見えすぎず、さり気ないおしゃれ感が出せておすすめです。

ハイカットスニーカー

また足の甲が見える靴でも靴下と合わせることで、おしゃれ上級者な雰囲気に。もちろん防寒にもなります。

暖房が効いている室内でも足元は寒いことが多いので、足元はしっかり暖かくしながらもおしゃれ感を意識してみるといいかもしれません。

まとめ

寒い冬の子連れ旅行は防寒や動きやすさ重視でおしゃれから離れてしまいがちですが、せっかくのスペシャルな時間なのでうまく防寒しながらおしゃれも楽しんで、

旅先でのひと時をより楽しく過ごしたいですよね。

赤ちゃんとの旅行におすすめの宿はこちら

※この記事は2017年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

駅近、食べ比べ、ナイター…3月まで使える!関東のいちご狩り農園43選
いちご狩りのお土産に!この時期買いたい農園の苺スイーツ【東海】
農園だからできる!完熟苺の絶品ジェラートが美味すぎ【東海】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。