体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】E-girls『E.G. CRAZY』、CDセールス好調で総合AL首位 ONE OK ROCKはDLで2週連続1位

【ビルボード】E-girls『E.G. CRAZY』、CDセールス好調で総合AL首位 ONE OK ROCKはDLで2週連続1位

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、E-girls『E.G. CRAZY』がCDセールスで稼いだポイントを原動力にして初登場1位を獲得した。

 『E.G. CRAZY』は、彼女たちが持つ“POP”と“COOL”な世界観を2枚組全24曲という大ボリュームで表現した作品。CDセールス1位が牽引する形で、ダウンロード6位、ルックアップ8位のポイントも加算されて総合首位に立った。次週以降、CDセールスは落ち着くと予想できるので、その他2指標が上位キープの鍵になるだろう。

 2位に入ったのは、連覇を狙っていたONE OK ROCK『Ambitions』。CDセールスはひと段落したがダウンロードでは先週同様断トツのポイントを稼いでおり、デジタル世代からの注目度はまだまだ高いと言える。さらにルックアップも高ポイントを上げており、今後もチャートを賑わす存在になるだろう。そして、先週22位から再びトップ10内に戻ってきたのがブルーノ・マーズ『24K・マジック』。先週、プロモーションのために来日し、『スッキリ!!』や『Mステ』に出演。その影響でダウンロードが急伸し、この部門3位に。より多くのユーザーに訴求できた結果がチャートにも表れている。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『E.G. CRAZY』E-girls
2位『Ambitions』ONE OK ROCK
3位『アンコール』back number
4位『HUBBY GROOVE』INABA / SALAS
5位『TAECYEON SPECIAL ~Winter 一人~』TAECYEON (From 2PM)
6位『SMAP 25 YEARS』SMAP
7位『Fantome』宇多田ヒカル
8位『ペルソナ5 オリジナル・サウンドトラック』
9位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ
10位『OLIVE』SKY-HI
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

1月30日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】E-girls『E.G. CRAZY』89,475枚を売り上げアルバム・セールス1位に
ONE OK ROCK 全国アリーナツアーのゲストにWANIMA/SiM/OKAMOTO’S/ドン・ブロコ/フォール・アウト・ボーイら

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。