体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】アニメチャートトップにRADカムバック、シド1年ぶりSGの表題曲「硝子の瞳」が2位に

【ビルボード】アニメチャートトップにRADカムバック、シド1年ぶりSGの表題曲「硝子の瞳」が2位に

 RADWIMPS「前前前世」(映画『君の名は。』)が前回2位から返り咲いた、2017年1月30日付の“JAPAN Hot Animation”。映画『黒執事 Book of the Atlantic』主題歌、シド「硝子の瞳」が2位にチャートインしている。
 
 パッケージセールスでトップポイントの「硝子の瞳」は、ツイッター、ルックアップ、ラジオオンエア回数でも多くのポイントを積み上げている。RADWIMPSやシド、BUMP OF CHICKEN、BREAKERZといったバンドの楽曲が今回は多くチャートインをしているが、二次元アイドルプロジェクから生まれた5位のMooNs「SUMMER MERMAID」(映画『KING of CASTE』テーマソング)や、8位のMARGINAL#4「WeMe!!!!」(アニメ『MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang』オープニング)といったアニメチャートならではのユニットも見られる。さらに、同日リリースの「SUMMER MERMAID」と「WeMe!!!!」をツイッターに注目してみると、「WeMe!!!!」の方がポイントを多く積み上げている。
 
 トップ10のうち、2位のシド、4位の声優・大橋彩香「ワガママMIRROR HEART」(アニメ『政宗くんのリベンジ』オープニング)、6位Anly「カラノココロ」(アニメ『NARUTO-疾風伝-』オープニング)、7位のBREAKERZ「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」(アニメ『名探偵コナン』オープニング)とMooNs、MARGINAL#4の6曲が同日のパッケージリリースで、セールスのポイントや、ルックアップのといった順位だけではなく、ツイッターや動画再生回数といった楽曲との接触にも照準を合わせてみると、多角的に楽曲を知ることができるのも総合チャートならではの見方と言える。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「硝子の瞳」シド
3位「なんでもないや」RADWIMPS
4位「ワガママMIRROR HEART」大橋彩香
5位「SUMMER MERMAID」MooNs
6位「カラノココロ」Anly
7位「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」BREAKERZ
8位「WeMe!!!!」MARGINAL#4
9位「GO」BUMP OF CHICKEN
10位「ひまわりの約束」秦基博

関連記事リンク(外部サイト)

1月30日付 Billboard JAPAN HOT Animation
次世代ガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!』よりPoppin’ Party カバー&アコースティック&新曲披露! 充実の2nd単独公演レポ
サプライズでYOSHIKI登場! 【HALLOWEEN PARTY2016】最終日速報レポ到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。