体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「Google翻訳」のリアルタイムカメラ翻訳がついに日本語でも利用可能に

Google のオンライン翻訳サービス「Google 翻訳」の Android 版が v5.7 にアップデートされ、英語と日本語の間で「リアルタイムカメラ翻訳」が利用できるようになりました。リアルタイムカメラ翻訳はカメラ翻訳機能の進化版で、カメラをかざした被写体の文字をその場で翻訳します。リアルチムカメラ翻訳 2014 年から提供されていますが、ついに日本語でも利用できるようになりました。リアルタイムカメラ翻訳は翻訳スピードが速いので、看板、広告、メニューなど、屋外で目にする外国語の文字を母国語に翻訳したい場合に役立ちます。v5.7 では日本語と英語のリアルタイムカメラ翻訳に対応しました。実際に試してみると、日本語→英語、英語→日本語のどちらも翻訳できました。ただ、リアルタイムカメラ翻訳を利用するには事前に日本語データ(60MB)をダウンロードしておく必要があります。Google 翻訳」(Gogle Play)、CC さん、情報提供ありがとうございました!

■関連記事
Chrome OSのタッチUIの強化によってChrome OSタブレットが実現するかも
Huawei、国内向け「HUAWEI MediaPad M3(LTEモデル)」のソフトウェアアップデートを開始
UQ mobile、2017年春向けの新機種「DIGNO W」「DIGNO Phone」「ZTE Blade V770」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。