体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Chrome OSのタッチUIの強化によってChrome OSタブレットが実現するかも

Google の幹部が Android アプリや Google Play に対応した “Chrome OS タブレット” の実現の可能性を示唆したとして話題となっています。Google で教育・企業向けの Android・Chrome 製品を担当しているディレクター Rajen Sheth 氏は 24 日(米国時間)に教育市場向け Chromebook に関する電話会議を開催し、その中でこれまでに行ってきた Chrome OS におけるタッチ UI の強化に関する投資が今後、2 in 1 のデタッチャブルデバイスといった多様な Chromebook デバイスの開発を可能にし、そうした新しファームファクターのデバイスのリリースを期待できると語りました。同氏は特定の Chrome OS タブレットの発売に言及したわけではなく、あくまでも、Chrome OS がタッチフレンドリーな OS に進化したをアピールしただけです。この発言を元に、デタッチャブル製品の発売が期待されています。Chrome OS タブレットは Chrome OS が出始めたころから噂されており、長年 Chrome OS の情報をウォッチしてきた方にとっては、「ついに現実のものになるか~」といった感じだと思います。Source : The Verge

■関連記事
Huawei、国内向け「HUAWEI MediaPad M3(LTEモデル)」のソフトウェアアップデートを開始
Android版「Google翻訳」のリアルタイムカメラ翻訳がついに日本語でも利用可能に
UQ mobile、2017年春向けの新機種「DIGNO W」「DIGNO Phone」「ZTE Blade V770」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。