体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“最後”のウルヴァリン『LOGAN/ローガン』、2017年6月1日公開決定

“最後”のウルヴァリン『LOGAN/ローガン』、2017年6月1日公開決定

 『X-MEN』シリーズで最高の人気を誇るウルヴァリンの命を懸けた闘いを描いたマーベル最新作『LOGAN/ローガン』の日本公開日が決定した。

 治癒能力を失い、不死身の超人ではなくなった孤高のヒーロー、ウルヴァリン/ローガンの前に現れた一人の少女。本作では、絶滅の危機にあるミュータントの唯一の希望となる少女を、初めて生身の人間として、強大な敵から守るローガンの“最後の闘い”を描いている。

 ウルヴァリン/ローガン演じるのは、2000年『X-MEN』以来、15年以上も同キャラクターを演じてきたヒュー・ジャックマン。新たに公開された場面写真では、これまでのシリーズから想像も出来ないような、哀愁漂うローガンが映し出されている。ヒューは本作について、「以前の『X-MEN』シリーズの歴史とか年表に必ずしも関連しない作品にしたかった。とても人間らしいものにしたいと思っていた。最後にこのキャラクターを追求するには、彼がどんな人か核心に触れることが重要だった。彼の爪ができることなんかよりもね」と語っている。

 2013年の『ウルヴァリン:SAMURAI』に続きメガホンを取るのは、ジェームズ・マンゴールド監督。マンゴールドと本作について最初に話したヒューは、「『もう1本監督をやってくれますか?』と依頼したところ、彼はすぐに『イエス』と答えたから嬉しかった。彼は、ハリウッドで最も成功している一人だが、さまざまなジャンルで素晴らしい成果をあげている。彼が、何も描かれていないキャンバスを手にした時に何が生まれるのか、その可能性を考えてワクワクした」と振り返る。本作で同役を引退することを発表しているヒューの“最後”のウルヴァリンの姿をぜひ、劇場でチェックしよう。

◎『LOGAN/ローガン』予告編
https://youtu.be/H0KyUqIhmo4

◎公開情報
『LOGAN/ローガン』
2017年6月1日(木)より全国ロードショー
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワートほか
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

関連記事リンク(外部サイト)

『スター・ウォーズ』エピソード8の原題『STAR WARS: THE LAST JEDI』に決定
カンバーバッチから謙虚な“下から目線”メッセージ到着、上下180度回転の特別映像も公開
『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチにインタビュー、最近好きな歌は「ケーキの歌」?! 

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。