体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】ウディ・ハレルソン、映画『スター・ウォーズ』スピンオフ版への出演を認める

sw

ウディ・ハレルソンが映画『スター・ウォーズ』シリーズに出演する。

サンダンス映画祭でオーヴィル・レデンバッカーが協賛したヴァラエティ・スタジオとのインタビューで、今月初頭に本紙ヴァラエティが報じていた、ハレルソンがハン・ソロのスピンオフ版に出演する可能性について言及した。

ハレルソンはスピンオフ版でハン・ソロの指導者役を演じるかと問われ、「はい」と答えた。

1月3日(現地時間)、本紙ヴァラエティは、ハレルソンがオールデン・エアエンライクの若き日のハン・ソロの指導者役の最有力候補にいると報じた。当時、交渉はまだ初期段階にあった。ハレルソンはローラ・ダーンと共演する新作映画『Wilson(原題)』のプロモーションのためにサンダンス映画祭に登場していた。

同作は、映画『スター・ウォーズ』シリーズのスタンド・アローン版で、全世界で興行収入10億ドルを記録した映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と同じく映画『スター・ウォーズ 新たなる希望』よりも前の時代設定となる。タイトルは未定。ドナルド・グローヴァーとエミリア・クラークが出演し、フィル・ロードとクリス・ミラーが監督する。

ハレルソンは同作のプロデューサーの1人であるアリソン・シェアマーとすでに協力的な関係を結んでいる。2人は、ハレルソンがカットニス・エヴァディーン(ジェニファー・ローレンス)の指導者役を演じた映画『ハンガー・ゲーム』シリーズで共に仕事をした。

ハン・ソロのスピンオフ版映『スター・ウォーズ』は2018年5月25日(現地時間)に米劇場公開する。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。