体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Adobe、Android向けのCreative Cloudアプリを順次Chromebookに対応へ

Adobe は 1 月 24 日(米国時間)、同社が Android 向けに提供している Creative Cloud 対応の各種クリエイティブ系アプリを今後、Chromebook に対応させると表明しました。Chromebook は基本的にノート PC なので、PC ライクな操作性であることやタッチパネルを搭載している機種もあるので、タブレットとしても使用できることから Chromebook への最適化はアプリユーザーの拡大に効果的だと言えます。Chromebook の性能や拡張性はハイスペックな Windows や Mac には到底及びませんが、安価で調達でき、学校などでも使用されているので、特に学生を中心にアプリユーザーが増えそうです。。Adobe の発表によると、今後数週間で Photoshop Mix、Lightroom Mobile、Illustrator Draw、Photoshop Sketch、Adobe Comp CC、Creative Cloud Mobile が Chromebook に最適化される予定です。リリース時期は明らかにされていませんが、既に Acrobat Reader が Chromebook のショートカットやホットキー、トラックパッドをサポートしたので、順次対応していくと予想されます。上記のアプリは Google Play ストアと Android アプリをサポートした全ての Chromebook で利用できるようになる見込みです。Source : Adobe

■関連記事
Android版「Netflix」がついにMicro SDカードへの動画保存に対応
Huawei、よりスポーティーな外観のHuawei Watch 2を2月に発表か?セルラーモデルもあるとの噂
Google I/O 2017は5月17・18・19日に開催、会場はマウンテンビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。