体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Syn.ホールディングスグループのCTO4人が明かす「求められるエンジニア像」とは?

Supership、アップベイダー、Socket、コネヒトの紹介

今回のエンジニア交流会のメインプログラムは、Syn.ホールディングスに属する4社のCTOが登壇したパネルディスカッション。

Supershipの取締役CTO室室長山崎大輔氏、アップベイダーの代表取締役CEO兼CTO佐野宏英氏、Socket執行役員でCTO兼アートディレクター生内洋平氏、コネヒト取締役CTO島田達朗氏がパネリストとなり、モデレータはSupership 新規サービス開発室の和田修一氏が務めた。(※アップベイダーとSocketは2017年2月1日付でSupershipと合併予定)

左から、佐野宏英氏、島田達朗氏、山崎大輔氏、生内洋平氏、和田修一氏

和田:今回のパネルディスカッションは各社のCTOの人となりを通して、カルチャーが参加者全員に伝わるとよいなと思っています。まずは自己紹介からお願いします。

山崎:元々はスケールアウトという広告配信システムの提供やDSP・DMP・トレーディング事業を展開する企業を立ち上げ、代表を務めていました。15年11月に「Syn.」構想で連携していたnanapi、ビットセラーと合併し、Supershipが誕生しました。現在はその会社で取締役CTO室室長に就いています。

CTO室では社内のインフラやセキュリティを整備する一方、デジタルエージェンシー事業や親会社であるKDDIからの開発案件を受けたり、ナショナルクライアントの広告案件の開発などを担当。合併したことで、一人で全てを担当するのは難しいので、チームでCTOというファンクションを務めています。

Supership株式会社 取締役 CTO室 室長 山崎 大輔氏

生内:スマートフォン向け接客プラットフォーム「Flipdesk」の開発・運用を担当しているSocketのCTOを務めています。

この世界に入るきっかけとなったのは、自分のバンドのHPを作りたくなったから。本格的に勉強したいと思い、デザイン会社に就職したら、メール配信システムの開発を担当することになり、その中で現在、当社代表の安藤と出会い、Socketを立ち上げることとなりました。

設立当初、Socketはオフィススムージー事業など、いろいろ手掛けていましたが、今ではFlipdeskを軸に事業を展開しています。私はその事業を見るととともに、CTOも務めています。

株式会社Socket 執行役員 CTO兼アートディレクター 生内 洋平氏

島田:毎日の疑問と悩みを解決して、家族を笑顔にするサービス「ママリ」を展開しているコネヒトでCTOを務めています。

コネヒト株式会社 取締役CTO 島田 達朗氏
1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。