ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ViewSonic、デュアルSIM対応のAndroidスマートフォン「ViewPhone 3」を台湾で発売、価格は7,900台湾ドル(約2万円)。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ViewSonicがデュアルSIM対応のAndroidスマートフォン「ViewPhone 3」を台湾で発売しました。ViewPhone 3は、3.5インチHVGAサイズの液晶ディスプレイ(LEDバックライト、800MHz CPU、512MBのRAMとROMを搭載したエントリーレベルのAndroidスマートフォン。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)でViewScenne 3D UIを搭載します。本体には2つのSIMカードスロットが搭載されており、それぞれのSIMの電話番号で同時に待受けることができます。SIMスロット1は、GSM (850/900/1800/1900MHz) とWCDMA(900/1900/2100MHz)に対応、SIMスロット2はGSM (850/900/1800/1900MHz) のみに対応します。価格は7,900台湾ドル(約2万円)。ViewPhone 3のスペック OS:Android 2.3.x(Gingerbread)、 ViewScene 3D UI サイズ:114.55mm (H) x 62.55mm (W) x 13.2mm (D)、質量122.5g ディスプレイ:3.5インチ、解像度480×320(HVGA)、LEDバックライト、TFT液晶 チップセット:MSM7227 800MHz メモリ:512MB RAM、512MB ROM マイクロSD:32GBまで対応 リアカメラ:500万画素CMOS、AF、WVGA@30fps  encoding フロントカメラ:非搭載 ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDR 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB センサー類:加速度、近接、デジタルコンパス、GSP/A-GPS対応、FMラジオ バッテリー:1,500mAh、スタンバイ時間は最大160時間、通話時間は最大385分 その他:SRS TruMediaサラウンド対応Source : ViewSonic


(juggly.cn)記事関連リンク
”スパイダーフォン”こと「Take HD(KM-S300)」が韓国で発売
Samsung、Galaxyスマートフォン新機種「Galaxy Ace Plus」を正式発表
米国版XOOM Wi-FiのIce Cream Sandwichアップデートの配信テストが近く実施?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。