体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年ブレイク必至のアーティストは?

2017年ブレイク必至のアーティストは?
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。酉年にちなみ、今年間違いなく羽ばたく「2017年さらなるブレイクが期待されるアーティスト大集合!」と題した4日間をお届けしています。1月24日(火)の放送では、4人組バンド「Brian the Sun」の森良太さん(Vo/Gt)をお迎えし、お話を伺いました。

今年結成10周年となるBrian the Sun。長きに渡るインディーズ時代を経て、昨年、メジャーデビューシングル「HEROES」をリリース。そして今年1月11日(水)にメジャーファーストアルバム「パトスとエートス」をリリースしました。

ベースの白山治輝さんとは同じ高校の軽音部で出会い、当時は同じ高校の友達とバンドをやっていたそうですが、大学受験を機にギターとドラムが脱退。現ギターの小川真司さんは、元々ライブハウスに通っていたお客さんで、森さんたちのほうから声をかけ、ドラムは別のイベントで一緒になった田中駿汰さんを誘い、今のBrian the Sunになったそうです。それがちょうど6年前。

亀田:皆で「目標に向かって行くぞー」って感じだったんですか?
:20代前半まではそんな感じでしたけど、やっていくにつれて、もちろん音楽の道を究めるのは大前提として、でもやっぱりバイトしながらって大変で…遠征費も自分たちで出していた時代もあったので。なので当時は、お互いのことを理解して尊重するというか、いい意味でのあきらめというか(笑)、お互いにそれができるってことが大事でした(笑)。

その後、森さんから亀田に質問が。

:亀田さんは人が作った音楽に対して「こういうのがいいんじゃない?」と提案する立場だと思うんですが、そのときの“自分”って、曲を作るときの“自分”と、何か違うのか気になります。僕はちょっと違うんで…ステージ上ではとんがったことも言っちゃうみたいな。亀田さんにとっては、どの自分が本当なんでしょうか?
亀田:僕は作品が良ければ嬉しい。だからその作品が良くならないときは、それこそ帰りの車の中でもずっと考えちゃいます。全部がそこに向かっている感じで、ある意味、“違い“がないかもですね。曲が良くなるためならなんでもするし、でも同時にアーティストにも喜んでもらいたいし、僕自身も満足したい。…欲張りなんですかね(笑)。

Brian the Sunは10周年イヤーとなる今年、いろいろ面白い企画を考えたいと思っているそうです。その第一弾が、出たばかりのアルバム。これから他にどんな企画が飛び出すのか、楽しみですね♪

【番組情報】
番組名:「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
放送日時:月・火・水・木曜 13時25分−13時35分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。