体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

汁なし鍋やマウント鍋、普通じゃない斬新鍋が話題!

寒い季節になると食べるものと言えば、「鍋」。でも、鍋って言っても、スープはみそ、キムチ、ちゃんこなどスーパーに売っているものは大体食べてしまい、味も分かってしまいますし、ドキドキ感はなく口に運んでお決まりの「うめぇー」を言うのみ。美味しいのはわかってますが、なんかマンネリ化している気が。

 Meets Regional(ミーツリージョナル) 2015年2月号
Fujisan.co.jpより

 

そこで、この冬は少し冒険!斬新な鍋にチャレンジしてみるのはいかがでしょう?

 

斬新鍋① ミートマウンテン鍋

写真:九州黒太鼓:「肉肉肉×29盛り豆乳チーズ鍋~雪山仕立て~」

 

これぞ“山盛り”と言わんばかりのお肉の盛り様で、凄すぎる見た目。昨年から徐々に注目されるようになってきており、お店で出している所も。お肉に豆乳チーズをかけて富士山のように見立てている所もあるみたいです。これなら、みんなでお肉を積んでいく作業も楽しそうで、味も未知数。

 

斬新鍋② 草鍋

写真:鳥山居「草鍋」

出典:http://torisankyo.com/

 

さらに、今年流行るのが「草鍋」。テレビでも最近、良くパクチーが取り上げられ“パクチスト”なんていう言葉も生まれてきています。

 

そんなパクチーなどの草の類をてんこ盛り入れるのが草鍋です。草鍋に入れるのは基本的には青野菜で超ヘルシーながらもボリューム満点の鍋を食べる事が可能。パクチーは苦手な人も多いですが、パクチー好きの女子などにはオススメ。

 

斬新鍋③ 激辛系汁なし鍋

写真:中村 玄「激辛火鍋」

出典:http://lineblog.me/fallindebu/

 

最近では汁なし鍋と言う、斬新な鍋も登場中。少し前から汁なしは、あったようですが、今のトレンドはそれの激辛バージョンで人気急上昇中。

 

唐辛子などを使っているので、汁なしでも体はポッカポカに。家でも簡単に作れるようで、レシピも多く掲載されています。鍋の常識を覆す汁なし鍋に今年は家庭でチャレンジを。

 

斬新鍋④ みかん鍋

出典:http://www.suouoshima.com/index.html

 

その名の通り、みかんが入っている鍋ですが、みかんを皮ごと丸々一つ爆弾の様に入れてしまうというテレビでも紹介されたことのあるインパクト抜群の鍋。

 

しかし、みかんを投入すればいいだけの物じゃなく、しっかりと定義が・・・

 

1.体に優しい橘皮が香る「鍋奉行御用達」の焼きみかん

2.爽やかな柑橘の香りを練り込んだ地魚のつみれ

3.薬味はピリリと辛いみかん胡椒

4.〆はふわふわメレンゲによる淡雪みかん雑炊

 

これを守らなければみかん鍋とは認められません。さらに浮いているみかんはそのまま食べる事も可能で、みかんには血行を良くする成分も含まれているので“風邪予防”にもなるんです!ちなみに通販でお取り寄せもできます。

 

斬新鍋⑤ ロシアンルーレット餃子鍋

出典:http://www.asahibeer.co.jp/

 

最後に、「ロシアンルーレット餃子鍋」をご紹介。餃子の中にピリ辛なのを紛れさせると紹介されていますが、それだけでなく色々な物を入れてみれば絶対に盛り上がる事間違いなし!

 

例えば、チョコとか、ガムとか、スナック菓子とか・・・。悪だくみはあなた次第!遊び心は満点。考えただけでワクワクしてきますね!

 

普通の鍋に飽きてきてしまったあなた。今年は話題の斬新鍋にチャレンジしてはどうでしょうか?いつもとは違った鍋の楽しさが見つかるかも!?

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。