体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Hilcrhyme、「春夏秋冬」をモチーフにした映画が4月より公開! 初のオールタイムベストも発売!

Hilcrhymeの名曲「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』が、4月8日より全国の劇場で公開されることが決定した。
Hilcrhyme (okmusic UP's)
「春夏秋冬」は今から約10年ほど前にメンバーTOCが、結婚する友人夫妻に贈る曲として創り、2009年9月にHilcrhymeの2ndシングルとして発売された楽曲。発売と同時に幅広い層に支持され、オリコン6週連続TOP10入りを果たすと、日本語ラップ作品としては異例のCDセールス80万枚突破! 配信総数700万DL越え、MV再生回数1700万以上、第51回レコード大賞や第42回日本有線大賞など各新人賞を総ナメにするなど各方面で話題となり、2009年最大級のヒット曲となった。

この楽曲をタイトルに冠した今回の映画『春夏秋冬物語』は“LIVE&ドラマ”という企画になっており、主演に今注目の俳優で、テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも出演した葉山奨之と、第7回『東宝シンデレラ』オーディション審査員特別賞を受賞した山崎紘菜を起用。ノスタルジックで切ない恋愛ストーリーを、Hilcrhymeのヒット曲「春夏秋冬」「パラレル・ワールド」などのLIVE映像で紡いでいく音楽映画となっているという。TOCは「創ってからもう10年経つんですが、そんな前の曲を映画化にしていただけることは大変うれしいです。僕自身、忘れていたこの曲の思い出や、曲で書かれている『大切な人と四季を過ごす』という感情を思い出させてくれました」とコメントしている。

そして、この映画の公開に合わせ、Hilcrhymeの結成10周年を記念した自身初のオールタイムベスト『BEST 2006-2016』を4月5日に発売することが決定。これまで発売されたHilcrhymeの楽曲の中から、ファン投票による人気曲TOP44に、今入手困難となっている幻のインディーズデビューシングル「もうバイバイ-Indies Version-」を加えた全45曲を完全収録したCD3枚組。結成からのHilcrhymeの10年の歴史をたどれる作品となっている。

映画『春夏秋冬物語』
2017年4月8日より全国の劇場で公開予定

監督:園田俊郎

脚本:CRG、Kyse

主題歌:Hilcrhyme「タイトル未定」(発売未定)

主演:葉山奨之 / 山崎紘菜 

制作会社:ディー・ウォーカー

企画・製作:ユニバーサルJ/ユニバーサル・コネクト

<使用ライブ曲>

代表曲「春夏秋冬」「大丈夫」「トラヴェルマシン」のほか、昨年12月に発売されたばかりの7thアルバム表題曲「Side By Side」まで、Hilcrhymeの最新ライブ映像を10曲以上使用。

アルバム『BEST 2006-2016』
2017年4月5日発売

【初回盤】(3CD+DVD)

UPCH-7246/¥3,900+税

【通常盤】(3CD) 

UPCH-2120/2/¥3,120+税

<収録曲>

■CD Disc1

01. 大丈夫

02. 春夏秋冬

03. パラレル・ワールド

04. 想送歌

05. 友よ

06. Lost love song

07. Your Smile

08. New Era

09. エール

10. トラヴェルマシン

11. 光

12. 言えない 言えない

13. 鼓動

14. no one

Bonus Track

15. もうバイバイ-Indies Version-

■CD Disc2

01. 続・押韻見聞録-未踏-

02. ジグゾーパズル

03. ルーズリーフ

04. Summer Up

05. パーソナルCOLOR

06. リサイタル ~ヒルクライム交響楽団 作品第1番変ヒ短調~

07. もうバイバイ

08. Changes

09. 純也と真菜実

10. 内容の無い手紙

11. NEW DAY, NEW WORLD

12. 我ガママ

13. MESSAGE BOX

14. RIDERS HIGH

15. FLOWER BLOOM

■CD Disc3

01. 蛍

02. YUKIDOKE

03. Little Samba~情熱の金曜日~

04. My Place

05. NOISE

06. Please Cry

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。