体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【北陸・東海エリア】3月に家族で行って良かったスポットランキングTOP20!

【北陸・東海エリア】3月に家族で行って良かったスポットランキングTOP20! 東海

3月に家族で行って良かった!とクチコミで人気のスポットをランキングでご紹介!

ご当地グルメが豊富な名古屋をはじめ、御殿場や富士、伊豆など魅力的なスポットが豊富な北陸・東海エリア。

老若男女問わず楽しめる場所が多いのが◎家族みんなで楽しめるスポットへ行こう♪

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

1位.おかげ横丁 【三重県】

おかげ横丁

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24203aj2200024564/photo/

伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にあり、江戸時代から明治時代の伊勢の様子が再現されている観光スポット。おかげ横丁の名前の由来は伊勢名物「赤福」が創業の地で約300年商いを続けてこられたことに対する感謝の思いと江戸末期から明治初期に流行した「おかげ参り」にちなんでつけられた。

\口コミ ピックアップ/

両側に飲食店などお店がたくさん並んでおり、美味しそうなものばかりで、どれもこれも食べたくなってしまいます。食べ歩きを楽しむことができます。

(行った時期:2016年3月)

毎年一度は家族と行ってます。

色々なお店があり、食べ歩きが出来て楽しいです。

いつも人で賑わっています。

(行った時期:2016年3月) おかげ横丁

住所/三重県伊勢市宇治中之切町52

「おかげ横丁」の詳細はこちら

2位.名古屋城 【愛知県】

名古屋城

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_23106af2120008906/photo/

徳川家康が外様大名を動員して築城。慶長15年(1610)着工、同19年に完成した。本丸・二の丸・西の丸・御深井丸・三の丸の五郭から成る規模雄大な城で、ことに金鯱をのせた壮大華麗な天守閣はひろく天下に知られた。

元和2年(1616)家康の九男義直が入城。以来、徳川御三家筆頭、尾張藩六十一万九千石の牙城となる。昭和20年、米軍の空襲で天守閣以下ほとんどの建物を焼かれたが、昭和34年、再建されたほか、西北・西南・東南の各隅櫓と表二ノ門がもとの建物で現存。本丸を囲む石垣や空堀・外堀などは原形を伝え、二ノ丸庭園も一部だけ残っている。

◎徳川家康(1542-1616)岡崎城主松平広忠の子。織田信長・豊臣秀吉亡きあと、関ケ原の戦いで勝利を収め、征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府を開いて、徳川三百年の基礎を築いた。

◎徳川義直(1600-50)家康の九男。尾州藩の祖。よく家康の遺訓を守って藩政を固め、学問を奨励し、藩風の基礎を作った、わが国で初の聖堂を建て、その廟所も儒教式である。

◎徳川宗春(1696-1764)尾州藩第七代藩主。『温知政要』を著して施政方針を示し、遊芸を奨励し、名古屋を大いに繁栄させたが、財政難を招き、幕府から蟄居を命じられた。

◎徳川慶勝(1824-83)尾州藩の支藩高須藩主の二男。尾州藩一四・一七代(最後)の藩主。親藩の藩主でありながら、終始、勤皇の立場をとった。

\口コミ ピックアップ/

桜の季節は最高にきれいです。公園全体が桜に包まれています。桜の中にそびえ立つお城は最高のシチュエーションです。

(行った時期:2016年3月)

1 2 3 4 5 6 7次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。