体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賃貸一人暮らし調査[1] 今の住まい、どうやって探した?

賃貸ひとり暮らし調査[1] 今の住まい、どうやって探した?

新しい年になり、新しい住まいを探し始める人も多いかもしれません。新居探しはわくわくしますよね! その一方で、希望の条件でどう探したらいいのか分からないなんて声も。今回は独身かつ一人暮らしの学生と社会人の男女300人に、今の住まいを探した方法を聞いてみました。みんなどうやって今の住まいを見つけたのでしょうか?

ネットのほか、会社・学校経由で物件を見つける人が過半数を超える結果に

今の住まいを見つけた方法については、「不動産会社からの紹介」が33.7%とトップでしたが、「(SUUMOやHOMESなどの)不動産情報サイト」が27.3%、「会社・学校からの紹介」23.7%でした。一昔前の引越しの手順としては、まず街の不動産会社に行って希望条件を伝え、物件を探してもらう……というイメージがありましたが、今回の調査では、まずネットや会社・学校経由で物件を見つけ、契約にたどりつくという人が約半数いました。【画像1】まず不動産情報サイトや物件ホームページを見て、希望の物件を見つける人が多い結果に(SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】まず不動産情報サイトや物件ホームページを見て、希望の物件を見つける人が多い結果に(SUUMOジャーナル編集部)

社会人と学生別の内訳では、「(SUUMOやHOMESなどの)不動産情報サイト」を利用したのは、学生の18.7%に対して17.3ポイントの差をつけて社会人のほうが多い(36.0%)という結果に。これは、社会人のほうが時間の制限があることや、学生時代を含めて引越し経験があるので物件選びに慣れていることなどの理由が考えられます。【画像2】学生と社会人では「不動産情報サイト」「会社・学校からの紹介」でそれぞれ15ポイント以上差がつく結果となった(SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】学生と社会人では「不動産情報サイト」「会社・学校からの紹介」でそれぞれ15ポイント以上差がつく結果となった(SUUMOジャーナル編集部)

具体的なコメントは以下のとおり。

■不動産会社からの紹介

・学校のパンフレットのなかにあった不動産会社から紹介してもらった(学生・男性・20歳)

・大学の合格者対象のイベントに来ていた不動産会社から、条件に合う物件を紹介してもらった(学生・女性・22歳)

・不動産ポータルサイトで探したが良いものがなかったので、地元の不動産会社を探して直接話をし、そこで紹介された物件を選んだ(社会人・女性・24歳)

・会社から指定の不動産会社に行くよう指示があった。その不動産会社の紹介で決めた(社会人・男性・25歳)

■(SUUMOやHOMESなどの)不動産情報サイト

・音大生のための楽器演奏可物件のみを扱う不動産会社のサイトで、条件に合うものを探した(学生・21歳・女性)

・不動産情報サイトをみて内見予約をした(学生・女性・21歳)

・不動産のアプリから部屋を探した。気になる部屋があったら、メールか電話で不動産屋さんに問い合わせをした(社会人・26歳・女性)

・不動産情報サイトに載っていた物件を実際に見学してから契約した(社会人・28歳・男性)

■会社・学校からの紹介

・会社の独身寮であり、就職時に物件情報を含めて紹介を受けた(社会人・男性・27歳)

・大学が借りあげていて、自分と入れ替わりで卒業した人の部屋に住むことになった(学生・男性・22歳)

不動産会社の利用は1社以下という人が約8割。0社という人が2割以上も

では、何社くらいの不動産会社を利用したのでしょうか。

結果は半数以上が1社のみ。0社と合わせると、約8割という結果。1社のなかで複数の物件を紹介してもらい、そのなかで比較検討して契約をする人が多いことが分かります。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。