体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そのひとことがストーカーの餌食に!? SNS投稿の危険とは

そのひとことがストーカーの餌食に!? SNS投稿の危険とは

高校生の日常に欠かせない「Twitter」や「Instagram」などのSNS。

 

でも、何気ない投稿内容からさまざまな個人情報が漏れる可能性があるって知ってた!?

 

「フルネームや住所を投稿する人はさすがに少ないと思いますが、直接書かなくても、写真や複数の投稿を組み合わせることで個人が特定できる場合は多いんですよ」

 

というのは、大手IT企業『グリー』の社員で、安心安全チームのマネージャーとしてインターネットの安全利用に関する講演を、年300回以上行っている小木曽健さん。

 

「流し読みしているだけなら気づかない個人情報でも、ストーカー目的の人にアカウントを発見されたり、SNS上で口論になって『お前の家まで行くからな!』と言われたりした場合など、自分の投稿を“悪意をもって”調べる人がいれば、簡単に居場所を特定されてしまう危険があります。

 

実際に、学校の前で待ち伏せされたり、部室に侵入された高校生の事例もあるんですよ。直接会いに来なくても、個人情報を拡散されたり悪用される場合もあります」

 

そのひとことがストーカーの餌食に!? SNS投稿の危険!

 

お、恐ろしい…! でも、一体どうしたら個人情報の流出を防げるの?

 

「まずは、携帯の位置情報がどのアプリと連動しているかをしっかり把握することが大切です。

 

もし、SNSアプリとGPSの連動が『オン』になっていたら、投稿に位置情報が自動で埋め込まれてしまうことがあります。

 

iPhoneの場合は、『設定→プライバシー→位置情報サービス』、Androidは、『設定→位置情報』から確認ができるのでチェックしておきましょう。

 

Androidの場合は、位置情報の呼び名が機種やメーカーによってバラバラなので注意が必要です」

 

ただ、位置情報が埋め込まれていなくても、背景に写っている物や投稿文などから個人が特定されてしまうこともあるとか!

 

そこで、よくありがちな投稿からどれだけ情報が漏れているかをクイズ形式で出題。

 

あなたは、以下の投稿から個人情報をいくつ見つけられる…?

 

自宅での自撮りは危険がいっぱい!

 

【Q1、写真の中で、個人が特定されてしまう危険な情報はどれ?】

 

そのひとことがストーカーの餌食に!? SNS投稿の危険!

  【解答】

 

そのひとことがストーカーの餌食に!? SNS投稿の危険!

 

1】まずは制服。全身が写っていなくても、襟の形やデザイン、リボンの色といった特徴から「セーラー服 一本線 赤リボン」などと検索するだけで学校を絞り込むことができます。また、全国の制服をまとめたサイトもあるので、特徴のない制服だったとしても、画像を照らし合わせていけばある程度まで学校を特定することは可能です。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。