体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何があったの? ブリトニーの伝記映画。あのゴシップの先は誰も知らない

人生って山あり谷あり。

でも、セレブに関しては、その落差は尋常ではありません。

ゴシップの連続だった歌姫

歌姫、ブリトニー・スピアーズもそのひとり。

1998年に”…Baby One More Time”で世に出てきたときには、「こんなお人形みたいにかわいい人が存在するんだ!」と驚いたのを覚えています。

その後も次々とヒット曲を飛ばしてきたブリトニー。でも、私生活は離婚、親権争い、ドラッグ使用などゴシップ連続でした。

とくに衝撃を受けたのは、2007年に自ら髪の毛を刈り上げて坊主にしてしまったできごと。「一体ブリトニーに何があったの?」と頭のなかは、ただただはてなマーク。

とはいえ、つねにパパラッチに追いかけ回されていたブリトニーには、一般人には想像できないような苦悩や葛藤があったはずです。

あの事件まで描いた伝記映画

そんな彼女の半生を描いたテレビ映画『Britney(原題)』が制作され、トレイラー動画が公開となりました。

デビュー後のブリトニーの成功と低迷、そして復活までを描いたこの映画。トレイラー動画を見る限り、2007年の坊主事件もしっかりと盛り込まれています。

ブリトニー自身は、過去のゴシップに触れているこのテレビ映画に、少々難色を示していたようですが、人生において最高の「山」と最低の「谷」を経験し、なおもカムバックを果たした彼女がどう描かれているのか、ファンとしては気になるところ。

『Britney(原題)』は、2017年2月にアメリカで放映予定。日本での公開、激しく熱望しています。

[COSMOPOLITAN]

写真/gettyimages 文/浦田昆

こちらも読まれています

アメリカでは年齢差別が少ないって本当? 30代でティーンの売場の面接を受けてみた

脳とろけそうな動画。料理したくなったのは「音」のせい #sponsored

「距離感」の上手い人がやっていること #sponsored

■ あわせて読みたい

「普通」ってない。2017年春の袖コンシャスが大胆
プラカードは博物館で展示。その想いは歴史に残るインパクトだった #WomansMarch
ニューバランスの新モデル。24時間、東京のストリートにはまる
アメリカでは年齢差別が少ないって本当? 30代でティーンの売場の面接を受けてみた
自分の気持ち、はっきり言えてる? #深層心理
素足に黒ローファー。足もとから春へスライドする
香りで春がくる。70周年を迎えたディオールの香水

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。