体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「普通」ってない。2017年春の袖コンシャスが大胆

2017年春夏の「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」のクルーズコレクションで登場した、裾コンシャスなデザイン。

Louis Vuitton Officialさん(@louisvuitton)が投稿した写真 – 2016 10月 17 9:19午前 PDT

Louis Vuitton Officialさん(@louisvuitton)が投稿した写真 – 2016 10月 17 3:49午前 PDT

「普通」とか「常識」とか、そんな決まりきった枠にははまらない突き抜け感は、清々しい気持ちにさせてくれました。

「普通」をくつがえす袖コンシャス

そんな”お洒落”を前衛的に楽しむ流れは、「袖コンシャス」なデザインからもうかがうことができます。

STREET STYLEさん(@streetstyled)が投稿した写真 – 2015 9月 19 7:02午後 PDT

シャツの袖口は、「とことん大きく」が基本。手が隠れてしまうくらいのリラックス感は、まるでいまの気分を表しているかのよう。

STREET STYLEさん(@streetstyled)が投稿した写真 – 2015 6月 28 11:11午後 PDT

むしろもう手は見えなくてもOK! と言いきってしまうほどの長い袖。

一歩間違えると部屋着になりそうなトップスなのに、なぜかスタイリッシュさを感じるから不思議。これも袖コンシャスのなせる技です。

STREET STYLEさん(@streetstyled)が投稿した写真 – 2015 8月 16 12:56午後 PDT

大きなフリルのついた袖は、思わず目を惹かれる存在感のあるデザイン。ゆらゆらとした動きから上品さが漂ってきます。

Michelle Obama (archived)さん(@michelleobama44)が投稿した写真 – 2017 1月 18 4:15午後 PST

元ファーストレディのミシェル・オバマも袖コンシャス。細いストライプは彼女の知的さを、ふんわりとボリュームのある袖はやさしさを表しているよう。

STREET STYLEさん(@streetstyled)が投稿した写真 – 2015 10月 22 10:15午前 PDT

「これぞ袖コンシャス!」と万歳してしまいたくなるほどのアーティスティックな袖。これでもかと広がった袖口から、トランプのクラッチバッグが顔を覗かせています。街なかですれ違ったら、二度見、いや三度見すること間違いなしです。

ファッションも生きかたも、「常識」に縛られるのは嫌。

裾コンシャスも袖コンシャスも、「普通」から解き放ってくれるアイテムはウエルカムです。

写真/Shutterstock 文/浦田昆

こちらも読まれています

・スカートの裾がふつうじゃない #LouisVuitton

・素足に黒ローファー。足もとから春へスライドする

・脳が癒される動画みつけた #sponsored

■ あわせて読みたい

・何があったの? ブリトニーの伝記映画。あのゴシップの先は誰も知らない
・プラカードは博物館で展示。その想いは歴史に残るインパクトだった #WomansMarch
・ニューバランスの新モデル。24時間、東京のストリートにはまる
・アメリカでは年齢差別が少ないって本当? 30代でティーンの売場の面接を受けてみた
・自分の気持ち、はっきり言えてる? #深層心理
・素足に黒ローファー。足もとから春へスライドする
・香りで春がくる。70周年を迎えたディオールの香水

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。