体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅と結婚、両立できる?私はプロポーズをOKしてから3ヶ月間も悩み続けた

旅と結婚を天秤にかけるとしたら、あなたはどちらを選びますか?旅好きのみなさんであれば「旅」と答える方も多いのではないでしょうか。つい最近まで、私もそうでした。
 

もちろん結婚して子供もほしい。けれど一生旅人を目指す私にとって、結婚が「お荷物」になるのではないか。自分がやりたいことを貫く方法は、しかたないけど一生独身という選択かもしれない。と、孤独と生きて行く覚悟を決めていたんです。
 

ところが、私は世界を旅する夢より先に結婚を選び、その後3ヶ月間も悩み続けました。
 

今回は筆者が実際に3ヶ月間どう悩んだのか。そして旅と結婚を両立できるかについて、お話します。

 

一生旅人を目指していた、23歳の私

shutterstock_330194918

photo by shutterstock

私の夢は世界一周でも定期的な海外旅行でもなく、その中でも一番ハードルが高いであろう「一生旅人」が夢でした。(いまは過去形で話をします)
 

ようはムーミン谷のスナフキンのように世界中を無期限に放浪すること。世界中にはどんな景色があって、どんな人がいて、どんな暮らしをしているのか。小さい頃にテレビで見た「世界がもし100人の村だったら」に衝撃を受け、とにかく世界をこの目で見てから死にたい!と、外の世界へ強く惹かれるようになったのです。

 

ある日、人生設計は思わぬ形で崩壊する

shutterstock_198103985

photo by shutterstock

23歳まではお金を貯めて、24歳から世界一周スタート。1年後に帰ってきたら日本を一周しよう。そして結婚して、27歳頃に子供を産めたら…なんて人生設計を組んでいました。
 

ところが私は昨年23歳の12月に、訪問介助を仕事にする同棲相手からプロポーズを受け、二つ返事でOKしました。ちょうど付き合って3年経った記念日のことです。
 

実は初めてのフランスひとり旅のときに、「どうして隣に彼がいないんだろう?」と自分でも予想外の感情を抱くことがあり、その経験が「この人以上はいない」と思う決め手になっていました。
 

今までの私は恋人を置いて旅にいくことに躊躇せず、「彼が港のように待っていてくれたら結婚しよう」と、嫌になるほど利己的に考えていたんです。けれど、私の人生設計はいとも簡単に崩壊しました。

 

旅への理解が得られず、感情をぶつけ合う毎日

shutterstock_291501950

photo by shutterstock

旦那とは付き合う前からよく旅行にも行ってましたし、何ヶ月かに一回なら今でも付き合ってくれます。旅への想いは散々口にしていたので、てっきり結婚しても今まで通り旅ができるもんだと思い込んでいました。けれど、蓋を開けてみれば彼はかなりのリアリストで、私はかなりの夢見がちエゴイスト。
 

残業の多い仕事を辞めて家庭に専念することとなった私のために、今まで以上に仕事を頑張ろうとしてくれていた彼は、「旅なんて遊び。お金もないし、結婚したんだから今はやりたいことは諦めて」と私の息の根をとめるかのようなジャブをいくつも繰り出してきました。
shutterstock_410315752

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。