体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観、新曲についてリスナーに“あるお願い”?

尾崎世界観、新曲についてリスナーに“あるお願い”?
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」。月曜担当ナビゲーターはクリープハイプの尾崎世界観。ということで、1月23日のオンエアでは、2月にリリースされるクリープハイプ作品集「もうすぐ着くから待っててね」について語られました。

まず、リスナーからの「作品集のジャケットと、新しいアー写のイラストがとても気になります。どなたが描いているのでしょうか?」というメールをきっかけに、ジャケットのデザインについて語り始めた尾崎。

「いいですよね、あの絵は本当に」と尾崎も言っていましたが、こちらは美容文藝誌「髪とアタシ」の表紙も描いている一桝香欧さん(イチマスカオさん)という方が手掛けたのだそう。「すごくいいんですよね…うまいのももちろんそうですけど、なんか引っ掛かりがあるというか。気になるんですよね、あの絵が」と絶賛していました。

今回は特典で、「髪とアタシ」編集部の方にお願いして冊子を作ってもらったそう。「見本を見たんですけど、すごく良くて。一桝さんが描いてくれてる別の子どものイラストも良いし、中身の写真も好きなんですよね」とのこと。写真は同誌編集長のミネさんが撮影したそうですが「写真家ではないのにすごく良い」と語る尾崎。「ちょっとタダであげたくないくらいのクオリティですね、あれは。いい物ができたと思います」と、しみじみと話していました。

そして番組内では、この作品集の1曲目に収録されている新曲「ただ」を初オンエアしましたが、「ニュースとかにならないので、ラジオを聴いた皆さんが発信してください。どうかよろしくお願いします。 曲を広めてください」と呼びかけていました(笑)。

「もうすぐ着くから待っててね」には、この曲の他に、東京メトロ「Find my Tokyo.」CMソングの「陽」、KANA-BOONの谷口鮪さんとのコラボバージョンの「陽」など、全5曲が収録されているそうなのでぜひチェックしてみてくださいね。

この日の放送では他にも、「歌いあげてますか?」「お花茶屋へ行こう」のコーナーも行われ、尾崎のバイト時代の思い出のおじさんの話も語られていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。