体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

U2【ヨシュア・トゥリー・ツアー2017】チケット110万枚即完売、追加公演決定

U2【ヨシュア・トゥリー・ツアー2017】チケット110万枚即完売、追加公演決定

 1987年のアルバム『ヨシュア・トゥリー』30周年を記念するU2の世界ツアーのチケット110万枚が24時間で完売したと発表された。

 2017年5月12日にカナダのバンクーバーでスタートし、北米とヨーロッパを回るこのツアーは、北米ではマムフォード・アンド・サンズ、ワンリパブリック、ザ・ルミニアーズ、ヨーロッパではノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズがオープニング・アクトを務める。

 ツアー日程には、U2にとって初のアメリカでのフェスティバル・ヘッドライナーとなる6月の【ボナルー・フェスティバル】や、7月22日の故郷ダブリンのクローク・パーク公演も含まれている。チケットの完売を受け、北米は5月21日にロサンゼルスのローズ・ボウル、6月4日にシカゴのソルジャー・フィールド、6月29日にニュージャージー州イースト・ラザフォードのメットライフ・スタジアム、ヨーロッパもロンドン、ローマ、パリ、アムステルダムでそれぞれ追加公演が発表された。

 【ヨシュア・トゥリー・ツアー2017】は、U2にとって2009年から2011年にかけて行った【360°ツアー】以来のスタジアム・ツアーとなる。【360°ツアー】は736,137,344ドル(約832億円)以上の興行収入と7,268,430人の観客動員数を記録し、どちらも今まで米ビルボードに報告された中で最高の数字となった。

 ダニエル・ラノワとブライアン・イーノがプロデュースした5thアルバム『ヨシュア・トゥリー』は、U2にとって初の全米No. 1アルバムとなった。「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」、「アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー」、「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム」などの大ヒット曲が収録されている。

関連記事リンク(外部サイト)

U2、『ヨシュア・トゥリー』30周年記念ツアーと新作リリースを発表
U2 最新鋭の技術が駆使された最新ワールド・ツアーが映像化、パティ・スミスら参加映像も収録
U2がパリ公演でテロ被害者を追悼、「彼らが仕える神の間違ったイデオロギーを前に団結する」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。