体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新垣隆、サントリーホールで交響曲「≪連祷(れんとう)≫-Litany-」を演奏

新垣隆、サントリーホールで交響曲「≪連祷(れんとう)≫-Litany-」を演奏

 新垣隆が、アルバム『交響曲≪連祷(れんとう)≫-Litany-』の世界発売を記念し、1月23日にサントリーホールで【新垣隆展 サントリーホール】を開催した。

 コンサートは2部構成となっており、第1部はトークを交えながら、児童合唱団やヴォーカル・グループ、学生ブラス・バンドなどのゲストたちとのコラボレーションを披露。最初は緊張した面持ちを見せていた新垣も少しずつほぐれ、ゲストとのトークでは時折、観客から大きな笑いも沸き起こった。そして、第1部の最後にはアルバム『交響曲≪連祷≫-Litany-』から、「ピアノ協奏曲≪新生≫」を弾き振りで披露した。そして、いよいよ第2部は交響曲「≪連祷≫-Litany-」。「悲しみをのりこえよう」という祈りのストーリーを音で描写した、3楽章からなる約43分の大曲だ。観客は、新垣の指揮棒の先に映像を思い描くように見つめたり、ストーリーを想像するかのように目を閉じ、「新垣ワールド」に聴き入った。アンコールでは、アルバム収録曲である「流るる翠碧」を演奏し、約2時間のコンサートは終了。演奏後にはホール内にてサイン会が行われ、新垣の演奏に感動した多くの観客が長い列を作った。

 新垣は、「騒動があった3年前は、世界デビューやサントリーホールでの演奏ができるとは想像できなかった」と振り返りながら、再出発できたことに関わってきた人たちへの感謝の気持ちと「これからも音楽家として世界と関わりを持ちながら、音楽を作っていきたい」と決意を語った。

◎公演情報
【新垣隆展 サントリーホール】
2017年1月23日(月)
サントリーホール
OPEN 18:30 START 19:15
当日集客人数:1800名
<演奏曲目>
第1部
1.「僕らのマーチ」 演奏:東海大高輪高校吹奏楽部
2.「ロンド」 演奏:新垣隆(piano)、松本蘭(violin)
3.「メロディ」 演奏:新垣隆(piano)、松本蘭(violin)
4.「たいせつなあなたへ」 演奏:レジェンド(ヴォーカル)、ひばり児童合唱団
5.「ピアノ協奏曲『新生』」 演奏:新垣隆(piano)、東京室内管弦楽団
(15分休憩)
第2部
6.「交響曲≪連祷(れんとう)≫-Litany-」 演奏:新垣隆(指揮)、東京室内管弦楽団
アンコール
7.「流るる翠碧」 演奏:新垣隆(指揮)、東京室内管弦楽団
写真:(c)Ryota Mori

関連記事リンク(外部サイト)

新垣隆、世界デビューCD発売記念でトーク&上映会開催
新垣隆がデッカよりリリース&世界配信、「もう一度オーケストラ曲を書かなければいけないと思った。私自身の名で」
【ビルボード】新垣隆の新作交響曲『連祷 -Litany-』、ニューリリースで第1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。