体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐野元春主催イベント「THIS!」大阪で3月開催、Gotch、サニーデイ、中村一義ら6組出演

佐野元春主催イベント「THIS!」大阪で3月開催、Gotch、サニーデイ、中村一義ら6組出演

佐野元春主催の音楽イベント「THIS! オルタナティブ 2017」が、3月25日に大阪・フェスティバルホールにて開催される。

本公演には、佐野元春 & THE COYOTE BAND、Gotch & The Good New Times、サニーデイ・サービス、カーネーション、中村一義、七尾旅人ら6組のアーティストが出演する。

「THIS」は1996年から3年間、佐野元春がキュレーターとなって開催された音楽イベント。アーティスト個人が主催するイベントの先駆けとして、当時デビューして間もない、Dragon Ash、エレファントカシマシ、the pillows、フィッシュマンズ、ソウル・フラワー・ユニオン、トライセラトップス、山崎まさよし、UA、小谷美紗子、そしてCoccoなどが出演した。

作年夏に18年ぶりに復活を果たし、「祝!18歳選挙権」と新たに選挙権を得た学生、社会人を無料で招待。そのステージ上でイベント「THIS!」を定期的に続けていくことを発表し、今回の大阪での開催が決定した。

チケットは2月25日より発売。先行受付などの情報は近日、イベント公式サイトにてアナウンスが予定されている。

佐野元春「THIS! オルタナティブ 2017」開催メッセージ
ドイツの戯曲家、ベルトルト・ブレヒトは言った。
「良き読者を捕まえろ」
15歳。ソングライター初心者だった自分はその言葉に共感して手帳に書きとめた。

目的ははっきりしていた。
娯楽とアートを同居させる。
そのためには、自分の歌は自分で書く、自分で演奏する。
パーティーを楽しみたいなら自分の権利は自分で守るということだ。

どんな世界でも生き残っていくのは簡単じゃない。
ここに集まってくれたバンド/ソングライター。彼らに共通するのはタフだということ。
80年代、90年代にデビューして、自分のやり方で曲を書き、創作における自分の権利を守り、誰が文句を言っても自分のスタイルを貫き、賞賛されるべき音楽を鳴らしてきた。
今回のイベント「THIS! オルタナティブ2017」ではそんなソウル・サバイバーたちの勇姿を讃えたい。

ここに、あいかわらず古くて新しい問いがある。
「僕らが見ているあのメインストリームとは、真のメインストリームなのか?」
その答えは、常に聴き手の中にあるのだと、僕は思う。

ある目的を持って書かれた曲と、それを求める聴き手との幸福な邂逅を求めて。
合言葉はたったひとつ。

「良き聴き手を捕まえろ」。

イベント情報
佐野元春 presents「THIS! オルタナティブ 2017」
日時:2017年3月25日(土)開場16:00 / 開演 17:00
会場:大阪・フェスティバルホール
出演:佐野元春 & THE COYOTE BAND、Gotch & The Good New Times、サニーデイ・サービス、カーネーション、中村一義、七尾旅人
チケット:全席指定 6,800円(税込)
チケット発売日:2017年2月25日(土)〜
特設サイト:http://www.moto.co.jp/THIS2017/

関連リンク

佐野元春オフィシャル・ファンサイトhttp://www.moto.co.jp
佐野元春 公式YouTubeチャンネルhttp://jp.youtube.com/DaisyMusic
佐野元春 公式Facebookページhttps://www.facebook.com/motoharusano

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。