体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BOOM BOOM SATELLITES、19年間のオールタイムベスト盤を3/1発売

BOOM BOOM SATELLITES、19年間のオールタイムベスト盤を3/1発売

2016年に活動休止が発表された、BOOM BOOM SATELLITESのベストアルバムが3月1日に発売されることがわかった。

これは、メンバー・中野雅之が自身のTwitterアカウントにて「BOOM BOOM SATELLITESのベストアルバム『19972016』が遂に完成しました。とてもタフな作業でしたが所謂ベスト盤とは違う音楽性溢れる作品になったと思います。長く大切にしてもらえる事を祈っています。そして多分、川島も仕上がりに満足してくれていると思います!」とツイートされる形で発表され、ツイート直後に1,000“いいね”を突破。ファン達からはこのベストアルバムに対する、期待と歓喜のコメントで埋め尽くされている。

かねてから中野のTwitterでは、「このバンドが何処から生まれて、何処に向かおうとしていたのか、深く感じ取れる作品になると思います。楽しみに待っていてください。」や、「僕は集大成となるリマスターに勤しんでいます。若い頃の初々しい恐れを知らぬ歌声も晩年声を出すこと自体に苦心していたそれも、生々しい生き様がマスターデータから感じとれます。」といった作業経過が報告されており、今回は待望の公式な発売日の発表となった。

この作品は、デビュー20周年となるBOOM BOOM SATELLITESにとって節目の年に、中野雅之自らが編集、ミックス、マスタリングを施したオールタイムベストアルバムとなり、ベストアルバムながら、全く新しい作品に生まれ変わった楽曲が収録される、オリジナル作品といっても過言ではない内容に仕上がっている。

タイトルにはBOOM BOOM SATELLITESの活動年数を表す「19972016」。初回盤、通常盤の2バージョン、3形態での発売があわせて発表された。

初回盤には1997年から2016年までの、19年間のオールタイムベストが4枚組に収録されたものに加え、活動期間に出演してきた各年代の「FUJI ROCK FESTIVAL」「SUMMER SONIC」「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO」「VIVALA ROCK」「SWEET LOVE SHOWER」「RADIO CRAZY」などの日本を代表するロックフェスの映像と、自身のワンマンツアーが収録されたライブドキュメントが付帯される。

バックステージの様子や、ブンブンサテライツ最後のステージとなった2015年の「WILD BUNCH FEST」をはじめ、これまで商品化されていない貴重映像をパッケージ化した豪華5枚組が収録される。

リリース情報
ベストアルバム「19972016」
2017年3月1日発売

「19972016」初回生産限定盤

「19972007-Remastered-」通常盤

「20082016」通常盤

関連リンク

ブンブンサテライツ オフィシャルサイトhttp://www.bbs-net.com/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。