体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スパイアプリの決定版「ケルベロス」の発見方法

スパイアプリの決定版「ケルベロス」の発見方法

スパイアプリとして利用されることが多いのが盗難防止アプリです。本来は盗難されたスマホの位置情報の取得や端末のデータの消去などを遠隔操作するために開発されたもの。スマホの遠隔操作機能をそのままスパイアプリに流用するわけです。そんなスパイアプリを発見する方法を紹介します。

スパイアプリはホームに表示されない

乗っ取られたAndroidにインストールされることが多いのが「Cerberus(ケルベロス」というアプリです。本来は盗難防止用ですが、ターゲットの端末に仕込むことで、PC上から遠隔操作が可能になるスパイアプリです。

ケルベロスは位置情報の取得や音声の録音、ビデオの撮影やスクリーンショットの撮影などがリモートで操作可能。このため、一部にはストーカーアプリとも呼ばれているほどです。

このスパイアプリの使い方は、まずCerberusをインストールしてアカウントの作成や初期設定を行います。初期設定が完了したら、「アプリ一覧画面から隠す」にチェック。ホーム画面に表示されなくなります。

スパイアプリは設定画面から確認する

こうすることで、端末所有者がCerberusを発見しにくくなるというわけ。スパイアプリをインストールした端末での操作はこれだけです。あとはPCやスマホのブラウザから遠隔操作することになります。

実際には、ブラウザで「Cerberus for Android」にアクセスし、アカウントを入力。すると、Cerberusをインストールしたスマホの現在地がマップ上に表示されまする。ここからスマホを遠隔操作できるのです。

なお、このスパイアプリはホーム画面からは消えますが、設定画面の「アプリ」から確認することができます。スパイカメラがインストールされているか心配な人は、一度確認しておくとよいでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。