体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

江戸東京野菜「亀戸大根」を味わうあさり鍋

1月23日放送の「はやドキ!」(TBS系、午前04時00分~)では、江戸時代に東京周辺で誕生した「江戸東京野菜」の中でこれから旬を迎える「亀戸大根」について取材した中で、TBSアナウンサーの日比麻音子さんが「亀戸升本・本店」(東京都江東区)を訪れた。

JR総武線亀戸駅より徒歩7分ほどの所にある同店は、亀戸大根を中心とした江戸野菜を使った料理が味わえる会席料理店だ。

「亀戸大根」とは江戸時代に江東区亀戸にある香取神社周辺で作られていた大根の事で、一般的な大根に比べると身は細いが、甘みがとても強いのが特徴。番組では、その亀戸大根とあさりをふんだんに使用し、味噌仕立てに仕上げた鍋「亀戸大根あさり鍋」を紹介。
早速頂いた日比麻音子さんは、「うん!シャキシャキとした食感がいいですね!そして、甘みがあるので味噌の味ととってもよく合っています。」とコメント。亀戸大根は煮崩れしないので鍋料理と相性抜群だという。まだまだ続く寒い冬にオススメの一品だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:亀戸 升本 本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:亀戸のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:亀戸×和食のお店一覧
メニューが多い食堂の定番料理と一番出てない料理
埼玉県産の野菜を取り入れた「大宮ナポリタン」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。