体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、通話転送サービス「Google Voice」のWEBサイトとアプリを刷新、Android版アプリをv5.0.1にバージョンアップ

Google は 1 月 23 日(現地時間)、通話転送サービス「Google Voice」のリニューアルを発表しました。放置されていたサービスがこうして息を吹き返すのは Google サービスでは結構稀なことだと言えます。Google Voice は、「Google Voice 番号」と呼ばれる各国の固定電話番号にかかってきた着信を別の固定電話、携帯電話、IP 電話、SIP サービス等に転送するサービスです。通話転送機能だけではなく、Google Voice 番号でボイスメールや SMS を送受信することもできます。「ハングアウトダイヤラー」は Google Voice の発信機能なのですが、Google Voice 番号から電話を発信すると格安の通話料で利用できるのが大きな特徴です。Google は今回の発表の中で WEB サイトと Android アプリのリニューアルを行い、iOS 版アプリをリリースすることを明らかにしています。24 日(日本時間)の時点でアプリは v5.0 にバージョンアップされていますが、WEB サイトは従来のままでした。新しくなった Android アプリは、デザインが刷新されて前回までのバージョンには無かった通話機能が組み込まれています。一般的な電話アプリのようなものに進化しています。もちろん、日本語にも対応していますが、国内の電話番号は依然として利用できない模様(転送先に設定できない)。Google Voice アプリのトップ画面は「メッセージ」「電話」「ボイスメール」のタブで構成されており、テキストメッセージや通話、ボイスメールを確認することができます。テキストメッセージについては、会話を 1 つのスレッドで表示されます。また、SMS のグループ利用と MMS、通知からのダイレクト返信をサポートしています。Source : Google

■関連記事
Xperia Z3+ / Z4 Tablet / Z5向けのAndroid 7.0 Nougatアップデートの再開はもうしばらく時間がかかる模様、「ユーザー体験が最優先のため」
Google純正の電卓アプリ「Google Calculator」に履歴機能が追加、数字を一つずつ削除することも可能に
GoogleのNexusスマートウォッチ「LG Watch Sport」「LG Watch Style」のプレス画像が流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。