体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一度は見るべき「日本の冬絶景」1位は?

一度は見るべき「日本の冬絶景」1位は?
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。1月23日(月)のオンエアでは、「一度は見てみたい! 日本の冬絶景といえば?」をテーマにお届けしました。

J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて、2,227名(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査を行ったところ、以下のような結果になりました!

Q.一度は見てみたい日本の冬絶景といえば?

1位 知床の流氷(北海道) …40%
2位 白川郷のライトアップ(岐阜県) …30%
3位 雪の大原三千院(京都府) …14%
4位 横手のかまくら(秋田県) …11%
5位 雪景色の只見線(福島県) …5%

1位となった「知床の流氷」には、「流氷の音がするらしいので」「網走で流氷を見たところ、海が氷の草原に変化する様が圧巻だった」「地球温暖化でだんだん見られなくなると思うから」といったコメントが寄せられました。

冬の流氷は3月上旬まで、観光としても楽しめます。JR北海道では、網走〜知床斜里を1日2往復する観光列車「流氷物語号」が運行されます。運行期間は1月28日から2月28日まで。2両編成で全て自由席です。下り列車は、オホーツク海に一番近い北浜駅におよそ10分間停車。北浜駅の展望台から、流氷が広がるオホーツク海や知床連山の風景が楽しめます。上り列車は浜小清水駅に約20分間停車し、駅に隣接する道の駅で買い物できる時間もあるそうです。

また、斜里町ウトロにある「国民宿舎 桂田」では、露天風呂に入りながら流氷を楽しむことができる「流氷露天風呂」が、今年も期間限定でオープンします。目の前に流氷の絶景。岡田も「寒そうですが、最高の景色ですよね!」と興味津々。入浴には事前に予約が必要です。昨年は2月29日から3月20日までオープンしたそうですが、今年の日程が決まったら「国民宿舎 桂田」のフェイスブックに随時アップされる予定なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに網走気象台によると、初めて流氷を目視した日「流氷初日」は、昨年が1月28日、一昨年は1月12日でした。そして、流氷が陸に接岸する「接岸初日」は、昨年は2月22日、一昨年は1月19日だったそうです。

知床の流氷はこれからがシーズン。貴重な絶景を眺めに、皆さんも出かけてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。