体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鉄道写真を美しく撮るための4つのポイントとは

鉄道写真を美しく撮るための4つのポイントとは

鉄道マニアのジャンルに古くからある「撮り鉄」。上級者ともなると、絶景を走る車両が撮れる通称「お立ち台」といわれる名所で見事な鉄道写真を撮影します。さて、これから鉄道写真を始めるなら、まずは駅のホームでやって来る車両を上手に撮るテクニックを習得しましょう。

鉄道写真は必ず車両全体を収める

ホームで鉄道写真を美しく撮るには4つのポイントがあります。鉄道写真1つめのポイントは、フレーム内に車両全体を収めること。鉄道写真の撮影に慣れていないと、つい車両前方ばかりに注目してしまい、後方がおろそかになりがちです。

美しい鉄道写真のコツは、必ず車両全体を収めることにあります。そのためには、迫って来る車両をカメラで追わず、位置を固定して“迎える”という感覚で撮るとよいでしょう。

鉄道写真2つめのポイントは、先頭部分を進行方向寄りに配置すること。ビギナーはつい先頭部分をフレーム中央に配置してしまいます。すると、進行方向側に空きができてしまって、バランスが悪くなるのです。

鉄道写真は先頭部分の比重が多い

車両を向かって右側から撮影してるのであれば、中央よりも左側に先頭部分を配置します。車両を向かって左側から撮影するなら、先頭部分は中央よりも右側。先頭部分の比重が多くなるような画角が鉄道写真の理想です。

鉄道写真3つめのポイントは、写真の水平を意識すること。ビギナーは写真が左右どちらかに傾きがちです。駅撮の際は近くの建物や鉄柱を目安にして水平を調整するようにします。

鉄道写真4つめのポイントは、障害物は極力避けること。電車にもろかぶりの鉄柱などは電車通過中の背後にある時にシャッターを切るなどの工夫をします。この4つを押さえるだけで鉄道写真がグッと美しく撮れるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。