体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで小籠包!? 肉汁あふれるひとくち餃子【福岡・平尾】

f:id:mesitsu_lb:20161202162936j:plain

ひとくちサイズの丸い餃子。果たしてその味は!?

餃子激戦区? の西鉄平尾駅周辺

ひとくち餃子の街・福岡。鉄鍋系カリカリ餃子、蒸し焼き系シットリ餃子、スナック系サクサク餃子など地場チェーンの専門店を中心に、数多くの餃子店が味を競い合っている。なかでも平尾・白金・那の川にまたがる西鉄平尾駅周辺地域は、以前紹介したさんあい亭をはじめ、最近では博多ひとくち系、本場中国系など合わせて6軒の餃子店がひしめき、福岡でも屈指の餃子激戦区になりつつある。

そんな平尾にあって、個性的な餃子で勝負する「ピース餃子」。かじるとまるで小籠包の如く、ぶしゃっと肉汁がほとばしる焼き餃子を目当てに多くの餃子ファンが訪れるお店だ。

f:id:mesitsu_lb:20161202162941j:plain

西鉄の高架そばに店を構える「ピース餃子」。

f:id:mesitsu_lb:20161202162947j:plain

カウンターに加えてテーブル席と奥の小上がりと、意外と広い店内。

f:id:mesitsu_lb:20161202162950j:plain

壁のボードには「肉汁をもらさないよう、ひっくり返さず、焼き面は下のままどうぞ」と食べ方指南が。壁にはお客さんの「ピースフルな一筆(笑)」も貼られている。

f:id:mesitsu_lb:20161202162955j:plain

店主の山下五郎さん。

f:id:mesitsu_lb:20161202162958j:plain

中国人スタッフが一つひとつ丁寧に包む、美しい餃子。

f:id:mesitsu_lb:20161202163003j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。