体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「スティック型パソコン」ってどうなの? 使い勝手を試してみた!

f:id:ponparemall:20170110111618j:plain

「スティック型パソコン」が世に出てから、はや数年。手のひらサイズで、しかも1万円程度のものまである、超のつくほどお値打ち感がある、いわば“プチパソコン”です。

…がしかし、新しいガジェット好きでもなければ、興味があってもスペック面に不安があったりして、「実際に使ってる」という人は意外と少ないかもしれません。かくいう筆者もそんなひとり。でも、スティック型パソコンひとつで、最低限のパソコン作業ができてしまうなら便利かも…。というわけで、実際に実機を購入して使ってみました。

メールやネットサーフィン、さらには文書や表計算ソフトなどをサクサク使えるならば、仕事道具としても充分。出張先に持っていって、ホテルのテレビに繋いで使えば、荷物を減らすことにもなりそうです! 果たしてスティック型パソコン、使えるシロモノなのか…?

f:id:ponparemall:20170110111219j:plain

購入したのは、某社製の1万円未満で購入できるタイプ。CPUはインテル Atom Z3735F、メモリは2GBでハードディスクも32GBと、パソコンで考えると低スペックの部類です。最近では、ファンが内蔵されていたり、ややハイグレードのCPUを搭載している4〜5万円クラスのモデルも販売されています。ただ、スティック型パソコンの最大の魅力はやはり“安さ”。ということで、1万円未満にこだわりました。

手のひらサイズのパソコンとケーブル類がセット

ネットで注文して届いた商品がこちら。スマホが入っていそうなサイズの箱の中に、スティック型パソコン本体とACアダプタやケーブル類が収められています。「これがパソコン?」と言いたくなるほどコンパクト。

早速、テレビに接続します。まずスティック型パソコン本体にマウスとキーボードをつなぎ、ACアダプタをコンセントにブスリ。その後、満を持してHDMI端子をテレビに差し込みます。そして電源ボタンを押してみると…。

ご覧のように、Windows10がちゃんと起動しました(パソコンなので当たり前だけど)。そしてスティックだろうがデスクトップだろうが変わらない初期設定を終えて無線LANに接続すれば、もう普通のパソコンとして使用できそうな雰囲気です。

f:id:ponparemall:20170110111930j:plain

ネット閲覧もメールもサクサク!

いざ使用感をチェック!…というわけで、まずはブラウザを起動してネットサーフィンをしてみます。「低スペックだし起動に時間がかかるかな…」と思いましたが、特にストレスなく普通にブラウザが開いて、あとは普通にネットが楽しめます。Yahoo!のトップページからひと通りニュースをチェックしてみましたが、何も問題ナシ。メールももちろん普通に使うことができました。

ただ、複数のタブを立ち上げてブラウジングすると、しばしば動作が停止してしまうのが玉にキズ。低スペックゆえの現象ですが、その安さを考えればやむを得ないところでしょう。

f:id:ponparemall:20170110112035j:plain

動画を再生しても問題なし、むしろテレビの大画面が嬉しい!

1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。