体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1月23日は“花粉症対策の日” 飛散時期から予防対策までを総まとめ!

1月23日は“花粉症対策の日” 飛散時期から予防対策までを総まとめ!
1月23日は花粉症対策の日だということをみなさんはご存知ですか?

毎年春になると鼻がぐずぐずして、目がかゆくなって大変…そうなる前に早めに対策を打っておきましょう。

今回は花粉症の飛散時期から効果的な予防対策までを、一挙にまとめてご紹介していきます。

2017年 花粉飛散予測

1月23日は“花粉症対策の日” 飛散時期から予防対策までを総まとめ!

2017年 花粉の飛散時期は?

日本気象協会の発表によると、
2017年2月上旬には花粉の飛散開始が九州北部・中国・四国・東海地方で見込まれており、春花粉(スギ・ヒノキなど)の飛散量は西日本で2016年の倍以上の数値が予測されております。

2016年 花粉の流行傾向振り返り

2016年の春花粉の流行傾向を振り返ると、スギやヒノキの花粉が、西日本に多く、東に行くほど少なめであるという特徴がでしたが、長期間飛散が続き、症状がとてもつらく感じた方も多かったようです。

花粉症を発症する前に出来る対策

1月23日は“花粉症対策の日” 飛散時期から予防対策までを総まとめ!

初期療法

花粉が飛散する2〜4週間位前から抗アレルギー薬を服用し、症状の悪化を防ぎます。

手術療法

鼻の粘膜の一部を手術で除去、またはレーザー照射を行い症状を抑えます。

減感作療法

低濃度で少量のアレルゲンを皮下注射により投与し、アレルゲンへの反応を減少させます。

舌下免疫療法

アレルゲンであるスギ花粉を「舌下液」として、少量を毎日舌下においてアレルゲンに体を慣らしていく治療法です。

即効性は無く、治療が終わるまで3~5年かかるといった特徴があります。

花粉症治療に有効な薬の種類

1月23日は“花粉症対策の日” 飛散時期から予防対策までを総まとめ!
花粉症の薬として主に用いられるのは以下の4つです。

1.抗ヒスタミン薬

鼻の粘膜でヒスタミンを遮断することで、花粉症の症状が改善します。

副作用として、眠気に襲われたり、喉がとても渇くなどがあります。

2.メディエーター遊離抑制薬

アレルギー症状を引き起こす物質を、メディエーターなどで、抑制してくれる薬です。

効果が出るまで2週間程度かかる場合があるので、花粉情報を活用し、てタイミングよく利用しましょう。

3.抗ロイコトリエン薬・血管収縮薬

花粉症特有の鼻がむず痒く、粘膜は赤く腫れて鼻づまりを引き起こすロイコトリエンという物質をおさえる薬です。

また、血管収縮薬は、血管を収縮させ腫れを引かせます。

頻繁な利用は避ける薬ですが、一時的な効果を期待できるので、いざというときに使うといいでしょう。

4.ステロイド薬

症状が特にひどい時などに使われます。

ステロイド系の薬は効果が高く、その分副作用も重く出ることが多いので注意しましょう。

花粉症治療に有効な注射の種類

1月23日は“花粉症対策の日” 飛散時期から予防対策までを総まとめ!
飲み薬以外にも、花粉症は注射治療によって軽減させることができ、以下の3種類があります。

1:ステロイド注射

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。