体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バランスボールでできる、目的別の体幹トレーニング3選

バランスボールでできる、体幹トレーニング
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。健康グッズとして一般的になり、量販店でもよく見かけるバランスボール。一部の会社や海外では小学校の椅子として、日常的に座っている所もあるそうです。ゆらゆらと揺れるので、姿勢が偏りにくく、凝りが取れるということです。一方不安定な座面のためバランスを取ろうとして、自然とお腹の奥の筋肉など普段使わない体幹の筋肉を使い、シェイプアップ効果も期待されています。今回は、バランスボールでできる体幹トレーニングで体を引き締める方法をご紹介致します。

お腹で乗って、背筋を伸ばす

バランスボールにお腹で乗り、両足を床に着いて膝を伸ばします。両手を耳の後ろにつき、息を吸いながら背骨を伸ばして、足から背骨、首の後ろ、後頭部までをまっすぐにするイメージを持ちます。吐きながら力を緩めます。

背骨を伸ばす時は背筋だけでなくお腹も薄くします。背骨を反らせるのではなく、長さを長くするのがポイントです。5~10回行ってみましょう。

背中で乗って、お腹を凹ませる

バランスボールに背中で乗って、両足を床に着いて膝をゆるめます。息を吐きながら、お腹を凹ませ腰を丸めてボールに押しつけるようにして上体を起こします。

恥骨を持ち上げて、下腹の筋肉を使うのがポイントです。5~10回行ってみましょう。慣れてきたら左右にツイストをすると、わき腹にも効きます。

バランスボールの体幹トレーニング

片足立ちで姿勢を保つスクワット

バランスボールの前に立ち、片足の膝をバランスボールに乗せます。ボールを後ろへ転がすようにしながら床に着いている足の膝を曲げるスクワットをします。

片足で立ってバランスを取り、安定を維持しながらボールを動かすためには、骨盤周りなどの体幹の筋肉をよく使います。片足5~10回行ってみましょう。慣れてきたらボールに乗せるのは足首にしてみましょう。

バランスボールの体幹トレーニング

おわりに

いかがでしたか。不安定な体勢の中でバランスを取るために、普段は鈍らせていた筋肉をたくさん使うことが分かったのではないでしょうか。

続けるうちに、日常生活でも体幹の筋肉を使えるようになり、代謝も上がって、全身の引き締めができます。もし家で眠っているバランスボールがありましたら、お試し下さい。

バランスボールの体幹トレーニング
Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

【レシピつき】肌の保湿効果も!?ヘルシー「こんにゃく」でダイエット&美肌♪
私の彼はマイペース。自由人な彼との関係を上手に繋ぐ〇〇テクニック!
今日から大股散歩♪歩き方を変えて代謝アップダイエット!
【簡単お風呂ヨガpart4】ぷるぷる二の腕&背中のハミ肉を引き締める♡
ニキビもなくなる!?しょうがのお風呂でポカポカダイエット

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。