体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GReeeeN 投稿エピソードを基にした「愛唄」ショートムービー公開

GReeeeN 投稿エピソードを基にした「愛唄」ショートムービー公開

 GReeeeNの大ヒット曲「愛唄」のショートムービー「GReeeeN「愛唄」娘の演奏会 篇」が公開された(http://bit.ly/2k7B0Gj)。

「愛唄」ショートムービーカット

 このショートムービーは、初のシングルコレクション『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』リリースを記念し、キュレーションマガジン「antenna*」とのコラボ企画として制作。特設サイトにて行われていた企画「僕と、私と、GReeeeNと。」を通して応募された、GReeeeNの楽曲にまつわるエピソードが基となっており、今回は「愛唄」が発売された当時、長女を出産した母親からの投稿が約3,000件の中から選ばれた。

◎投稿されたエピソード(原文ママ)
2007年5月に『愛唄』が発売されその数日後に私は長女を出産しました。GReeeeNをまだ知らず、出産した産院で初めて「愛唄」を聴きました。恋愛の歌詞なのにその時はただこれからの子育てを想像して。それまで音楽に関心がなかった私にGReeeeNは音楽の素晴らしさを教えてくれ、あっという間に惹き付けられて、子育てと共にGReeeeNを毎日聴き続けてきました。その娘も今年9歳、小学3年になりブラスバンド部に入部しました。 市内の小中学校が集まる音楽祭で娘の学校が選んだ曲目が「愛唄」です。小さい体でユーフォニウムという大きな楽器で演奏している娘の姿に感動しました。「愛唄」、そして6年生の希望で卒業式に向けて練習している「遥か」…自分で大好きなGReeeeNの曲を奏でる喜びを知ることも出来ました。私にとっても娘にとってもGReeeeNはいつも側にいてくれ寄り添ってくれました。

関連記事リンク(外部サイト)

GReeeeN「遠くの空 指さすんだ」のMVに“トリプルスリー”山田哲人選手が出演
GReeeeN 新曲「ソビト」× 映画『キセキ ーあの日のソビトー』コラボMV公開
GReeeeN、10周年幕開けライブに菅田将暉らグリーンボーイズも出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。