体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スプーン、<マタドール>復帰作が2017年3月に日本リリース決定

スプーン、<マタドール>復帰作が2017年3月に日本リリース決定

 USインディ・シーンで20年以上に渡って第一線で活躍し、海外の総合レビュー・サイト“Metacritic”の統計で、2000年代最も高い評価を得たバンドとなるなど、USインディ最重要バンドの一つとして人気を集めるスプーン。

 そんな彼らが、記念すべきデビュー・アルバム『Telephono』をリリースしたNYの名門レーベル<マタドール>に、20年の時を経て復帰。ローリング・ストーン誌やエンターテインメント・ウィークリー誌などの主要メディアが、“2017年最も期待を集めるアルバム”特集に選出するなど、早くから注目を集めていた最新アルバム『Hot Thoughts』のリリースが発表され、タイトル・トラックが公開となった。

 初の全米トップ10入りを果たした2007年の『Ga Ga Ga Ga Ga』以降、2010年の『Transference』と2014年の『They Want My Soul』と2作連続で全米4位を記録したスプーン。それらに続く9作目となる本作は、ウィーザーやモグワイ、ベル・アンド・セバスチャン、MGMTらを手がけ、前作『They Want My Soul』にも携わったUSオルタナ界の大物プロデューサー、デイヴ・フリッドマンを共同プロデューサーに起用。かねてよりソングライティングに定評のある中心メンバー、ブリット・ダニエルは、今作では親しみやすさと実験性の境界線を完全に融解させ、これまで幾度となく変化を取り入れてきた彼らの素晴らしいキャリアの中でも、最も勇敢かつ独創的な作品を作り上げることに成功している。

 スプーンの最新作『Hot Thoughts』は、2017年3月17日に世界同時リリース。国内盤にはボーナス・トラックが追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。iTunesでアルバムを予約すると、公開された タイトル・トラック「Hot Thoughts」がいちはやくダウンロードできる。

◎「Hot Thoughts」音源
YouTube: https://youtu.be/D6KFBFg5q1Y
Apple Music: http://bit.ly/2iQDMCX
Spotify: http://spoti.fi/2kgsZ5b

◎『ホット・ソーツ』トラックリスト
01. Hot Thoughts
02. WhisperI’lllistentohearit
03. Do I Have to Talk You Into It
04. First Caress
05. Pink Up
06. Can I Sit Next to You
07. I Ain’t the One
08. Tear It Down
09. Shotgun
10. Us
※ボーナストラック追加収録

◎リリース情報
『ホット・ソーツ』
スプーン
2017/3/17 RELEASE
2,200円(plus tax)
※ボーナストラック追加収録、解説書封入
http://apple.co/2jlWazF

関連記事リンク(外部サイト)

スプーン 最新シングル公開、アナログ・プレオーダーで“すぐに”10インチが貰える初の試みをスタート
スプーン 4年ぶりのスタジオ・アルバムを2014年8月に日本リリース
カセット・テープの年間セールスが74%増、2年連続TOPはアノ映画のサントラ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。