体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビルボード初の音楽ハッカソンのタイムテーブル公開、当日はLINE LIVEでも生配信

ビルボード初の音楽ハッカソンのタイムテーブル公開、当日はLINE LIVEでも生配信

 Billboard JAPAN.comが、1月26日にCip協議会と共催で開催するハッカソン【Live Music Hackasong】のタイムテーブルが公開された。

 本ハッカソンのテーマは「ライブ体験の拡張」で、切り口はPepperを使ったライブの疑似体験や、アーティストとファンの新たなコミュニケーション、さらにはアーティストの生体データを用いた新演出など様々だ。そして、発表ではプレゼンテーションだけではなく、Musilogue BandやSETAによる実演とともに発表するチームも予定されている。

 当日は、審査にも参加ができる一般観覧席が設けられ、最優秀賞を獲得した作品はビルボードライブ東京のエントランスに1ヶ月展示。また、当日の模様はLINE LIVEでも配信される。

◎タイムテーブル ※予定
18:30~ 
(1)RemixTree「RemixTree」
(2)R.T.D.「アイドルの動きに合わせて観客のウチワが光る「投げキッスウチワ」」
(3)紀尾井坂46 「ライブ演奏に合わせて歌詞と盛り上がりを示す指数(ポップコーンのイラスト)をスクリーンに表示させる」
(4) team-kite「Napsterの音楽に合わせドローンパフォーマンスを簡単に作れるもの」
(5) 私とハッカソンどっちが大事なの?「360度カメラを付けたPepperがバンドの演奏中にステージに登場、360度の映像が映るHMDを付けた人にあわせてPepperが動き、ライブに乱入する疑似体験ができる」
(6) ライブアース「ライブ収録のスイッチングを自動で行う装置」
<ライブ Musilogue Band>
19:40~
(7)アローハック「360度カメラで会場を撮影してその画像にアーティストの動作をキーにしてアクションを追加したり、お客様の声援のボリュームの大きさをキ ーにしてアクションを追加してその映像を舞台の背景に投影する」
(8) アイスブレイク「会場の盛り上がりを可視化させるアクリル板」
(9) Software Defined Media (SDM)「ソフトウェア処理による3次元の自由視聴点からのライブ映像音声の再生」
(10)SETA「アーティストの生体データを可視化させる新演出」
<ライブ SETA with Guitar:佐橋佳幸>
20:40~
<結果発表&表彰式>

http://www.billboard-japan.com/hack2016

◎公演情報【Live Music HACKASONG最終発表】
2017年1月26日(木)
開場17:30 開演18:30
入場料:無料
予約&お問合せ:ビルボードライブ東京予約センター 03-3405-1133
参加企業:東芝、Dentsu Lab Tokyo、レコチョク、Napster
出演:Musilogue Band(Drums 藤原佑介 / Bass 藤谷一郎 / Keyboards 金子 巧(cro-magnon) / Vocal エリアンナ)、SETA with Guitar:佐橋佳幸
審査員:中村 伊知哉(審査員長)、岡崎卓(審査員)、佐々木渉(審査員)、平山善成(審査員)、入江 慎也(モデレーター)、佐藤千尋(モデレーター)、野崎良太(Jazztronik)

◎配信情報『Live Music Hackasong』
2017年1月26日(木) 18:30~21:30予定
https://live.line.me/channels/432

関連記事リンク(外部サイト)

Live Music Hackasong
カセット・テープの年間セールスが74%増、2年連続TOPはアノ映画のサントラ
【ビルボードジャパン年間アーティストランキング 2016】大きな潮目の変化を告げた2016年

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。