体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鬼束ちひろ、6年ぶりニューアルバムの全曲試聴トレイラー公開

鬼束ちひろ、6年ぶりニューアルバムの全曲試聴トレイラー公開

 鬼束ちひろが、6年ぶりにリリースする、ニューアルバム『シンドローム』の全曲ダイジェスト試聴トレイラーが本日23日公開された(https://youtu.be/sG6Myna-7iU)。

 今回のアルバムでは、「月光」「眩暈」など初期を彷彿とさせる、生命を削るような魂を揺さぶる歌声の存在感が復活。サウンドプロデューサーに鈴木正人(LITTLE CREATURES)を迎え、ただの原点回帰だけではない、成熟味や深みを増した、鬼束ちひろの新たな魅力が開花した。透明感も儚さも狂気も気迫も取り戻した、まさに鬼束ちひろのネクストステージを感じさせる作品となっており、先行シングル曲「good bye my love」含む全9曲が収録される。

 さらに、初回限定盤には鬼束ちひろベストセレクション的ライブ音源を収録したボーナスディスクが付属。完全復活を印象付けた2016年7月22日の大阪サンケイホールブリーゼ、11月4日の東京中野サンプラザでのライブよりベストテイクをセレクト。「月光」「眩暈」「流星群」「私とワルツを」、そして最新曲「夏の罪」まで、現在の声で蘇る名曲たち。初期から近年まで変わることのない彼女の絶対的音楽価値を再認識させるようなベスト的内容となっている。

◎リリース情報
アルバム『シンドローム』
2017/02/01 RELEASE
<初回限定盤>2CD
VIZL-1087 / 3700円(tax out.)
<通常盤>CD
VICL-64691 / 2800円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

鬼束ちひろ 約15年ぶりの全国ツアー【シンドローム】2017年4月より開催
鬼束ちひろ ニュービジュアル公開! 来年1月に新アルバム先行試聴会実施も
鬼束ちひろ 6年ぶりニューアルバム『シンドローム』透明感も儚さも狂気も気迫も取り戻し2017年リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。