体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デザイナー必見!クオリティの高いUIを作るために必要な7つの要素とは

本稿は、Webdesigner Depotのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、UX Phoenixのインテグレーションマネジャー、エンジニアであるSamella Garcia氏によって投稿されました。

 

ユーザーインターフェース(UI)のデザインは最近のホットな話題ですが、それには理由があります。デジタルエクスペリエンスが私たちの生活の大部分を占めるようになり、クオリティの高いユーザーエクスペリエンス(UX)の価値が今まで以上に高まっているのです。

モバイル技術、デジタル技術、 IoTの今後の目覚ましい成長を考慮すれば、UIのクオリティは現時点で重要であるだけではなく、将来的にはさらに重要になるでしょう。

 

Webサイトから、車内の液晶ディスプレイ、部屋のサーモスタットに至るまで、私たちの毎日は数多くのUIで溢れています。

ユーザーはデジタルディスプレイの体験を増やすにつれて、数年前よりも質の高い体験を期待するようになりました。そのため、企業にとって顧客への良いUXを慎重に検討することが不可欠です。

この記事では、クオリティの高いUIを作るために大事な7つの要素をご紹介します。

 

1. シンプルさ

優れたインターフェースは目立つものではありません。派手な装飾や不必要なデザイン要素から構成されてはいません。質の高いUIは、合理的でシンプルなデザイン要素から構成されているのです。

インターフェースをデザインするときには、機能やコンテンツを追加する前に、「ユーザーがタスクを実行するときに、本当に必要なものであるかどうか?」を考えてください。インターフェースの構成要素は、ユーザーにとって必要最小限なものにします。

自己満足のためだけに要素を加えるのではなく、UXのクオリティに意識を集中しましょう。

 

「シンプルさ」の原則を見事に実践している例が、MAAEMOのWebサイトです。MAAEMOはノルウェーのレストランで、Webサイトのトップページに最初に表示されるのは、予約のオプション(左上のBook a table)のみです。

すっきりとしたインターフェースにするために、その他のオプションは、右上のハンバーガーメニュー(三本線が平行に並んだボタン)に隠されているのです。

どこから予約したらいいかを探すために、複雑なナビゲーションによって無駄な時間を取られることもありません。

image1-620x427

 

2. 明瞭さ

明瞭さは、Webサイトやアプリにおいて最も重要なことの1つです。UIが存在する唯一の目的は、ユーザーとシステムのやり取りを促進することです。ユーザーはインターフェースの使い方がわからない場合、不満を感じて利用をやめるかもしれません。

明瞭さを高めるには、ボタン要素やアクションボタンに、わかりやすくて正確なラベルを付けます。また、メッセージング(データの通信)もシンプルにする必要があります。ラベル、ナビゲーション、コンテンツを読みやすいものにするほど、ユーザーにとって何をすべきか明らかになります。

 

また、最初の原則は「シンプルさ」であったことを思い出してください。長い説明でごちゃごちゃと散らかすのは避けましょう。ユーザーにとって読む価値のある説明でないとしたら、UXの邪魔になるだけです。2語の代わりに1語でも説明可能なら、そうする方が良いでしょう。

ラベルとメッセージを簡潔にすることによって、見やすいデザインにして、ユーザーの読む時間を短縮しましょう。

テキストを簡潔かつ正確なものにできれば、優れたUXを生み出す効果があります。努力を要するかもしれませんがその価値はあります。

 

3. 一貫性

一貫性のあるインターフェースによって、UXを高める使用パターンを実現できます。

ユーザーが求めているのは、製品の使い方を一度理解したら、他の画面上でも同じように操作できるような体験です。

そのためにはインターフェース全体において言語、レイアウト、デザインを統一します。そうすることで、ユーザーが仕組みを理解するのを助け、ユーザーの効率性を向上し、UXを高める効果があります。

 

4. 親しみやすさ

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。