体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本列島丸かぶり!?食べ進めると旬の味が変わる恵方巻

近年、多様化する恵方巻。2月3日の節分は「太巻の丸かぶりで験を担ぐ日」から「特別な太巻を楽しむ日」へと、新たな広がりを見せている。どうせなら、いつもとは一味違う恵方巻きを食べたくない?

今年のイオンは、昨年より素材や製法にこだわった“ハレの日”にふさわしい「日本のおいしさ」をリッチに楽しむ恵方巻を揃える。

食べ進めるごとに味が変わる「日本列島丸かぶり贅沢海鮮太巻」5400円(税込)[※予約限定/数量限定500本]は、北海道から九州まで日本各地の旬の味を1本で楽しめるリッチな太巻だ。

具材に使用しているのは、「北海道:根室産花咲ガニ/オホーツク海産ほたて」、「青森県:本まぐろ」、「静岡県:伊豆下田産金目鯛」、「兵庫県:明石浦のもみじ鯛/香住ガニ」、「長崎県:のどぐろ」の全7種。

7つの味に変わるので丸かぶりでも飽きることなく楽しむことができる。カットしても異なる中身が見えるように巻いているので華やかな一皿になること間違いなし。

このほか、ミシュラン6年連続三つ星「鮨よしたけ」監修の醤油をつけずに具材のおいしさだけで食べる恵方巻や、昨年好評だった日本各地の旬の魚介をふんだんに使った見た目にも豪華な恵方巻など、最大23種類の恵方巻が登場する。

1月29日(日)まで、店頭もしくはWEBにて予約可能。引き渡し、店頭販売は2月2日(木)・3日(金)の2日間、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」各店にて。

今年の節分は、イオンの恵方巻で贅沢に「日本のおいしさ」を丸かぶりしよう。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。