体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年以降に発売されるChromebookは全てAndroidアプリの動作をサポート

Google が Chromium プロジェクトの公式サイト上で 2017 年以降に発売される Chromebook は全て Android アプリの動作をサポートすると明らかにしました。現在のところ、Chrome OS の安定版で Android アプリの実行をサポートしているのは、ASUS Chromebook Flip、Acer Chromebook R11 / C738T、Google Chromebook Pixel(2015)のみ。Dev チャンネルや Canary チャンネルの場合はもっと多くの機種で Android アプリを実行できます。Gogole は Chromium プロジェクトで公開している Android アプリへの対応機種を紹介したページを更新し、「2017 年以降に発売される Chromebook と下記(旧型のリスト)は全て、今後 Android アプリを実行できるようになります。」と追記しました。ただ、実際に対応するのは今後で、その対応時期も明らかにされていません。Source : Chromium

■関連記事
ヤフー、「Yahoo!防災速報」アプリで渋谷区の「自治体からの緊急情報」サービスを開始
Nokia、Snapdragon 835を搭載したフラッグシップの存在を暗黙のうちに認める
Galaxy S8はMWC 2017では発表されない、Samsung Mobileトップが言及

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。