体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついにアマゾンのライバル登場か! ?Skypeの創業者がデリバリーロボットを開発

Starship Technologies 01

世界では自動運転技術やロボットの研究がメジャーとなりつつある。

英国、ドイツおよびスイスの一部の都市では近い将来、自動運転ロボットによるデリバリーが一般化するかもしれない。

・Skypeの創業者がデリバリーロボットを開発

自動運転ロボットによるデリバリーを考案したのは、Skypeの共同創業メンバーでもあるAhti Heinla氏およびJanus Friis氏だ。

2人は2014年、北ヨーロッパのエストニアにてスタートアップ「スターシップ・テクノロジーズ」を立ち上げ、地方のデリバリー業務に革命を起こすロボットを開発。

現在、同社はわずか3年弱にして、英国・ロンドンや米国・カリフォルニア州のベイエリアに支社を構えるほどのグローバル企業へと急成長を遂げた。

Starship Technologies 02

・移動をスムーズにする機能を搭載

モバイルアプリを通じて注文を受けると、人間によってタブレット上で遠隔操作されつつ、一目散に顧客の自宅へと駆けつける。

注文者以外が商品に触れられないようになっており、セキュリティーの面では万全だ。

6個の車輪を搭載しており、配達区域内をスイスイ動き回るほか、GPSやカメラ、レーダー機能を駆使し、移動方向を定めたり、障害物を避けて進んだり、交通ルールを順守したりすることもできるようだ。

なお、現時点において配達可能区域は5キロメートル未満に限定される。

・ヨーロッパを中心に活躍中

スターシップ・テクノロジーズは、ロンドンやドイツを本拠とするデリバリー専門企業や、小売業グループを中心に業務提携を締結しており、2016年11月現在、ロボットの総走行距離は2万キロを突破した。

デリバリー業務にドローンを採用したアマゾンとの競争が激化するなか、業界における今後の行方に注目だ。

Starship Technologies

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。