体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クレーマーに狙われないための攻めの謝罪とは?

クレーマーに狙われないための攻めの謝罪とは?

クレーマーに狙われないためにはどうすればよいのでしょう。一般人はコワモテタイプに弱いものですが、プロからすれば実は逆。むしろ積極的に謝り、トコトン話し合おうとする攻めの謝罪を苦手とする傾向があるのです。クレーマーに狙われないためのテクニックを紹介しましょう。

クレーマーはガンガン謝る人が苦手

「クレームに対して謝罪はNG」というマニュアルは今や通用しません。そもそもクレーマーは、基本的に逃げる相手を追い詰めていくもの。ガンガン謝り、聞く姿勢を示し続けるとクレーマーは攻め手を失くします。

このため、クレーマーは「申し訳ありませんでした!」と明確に謝ってくる人が苦手。非を認めるわけではありませんが、相手のいい分をトコトンまで聞こうとする姿勢が大切です。

「会社が終わった後も、時間ありますよ」とさらにやる気を見せれば、クレーマーの方がイヤになって引き上げることも。ただし、こうした態度に出るにはそれなりの経験と知識が必要です。

クレーマー対応でやっていけないこと

「メモを取る」のもクレーマーには効果的。同じ内容を何度も聞くのは、ク
レーマー対応でやってはいけないことの1つです。メモを用意して「あなたの話を聞いている」というパフォーマンスが効くのです。

逆に、総じて自信満々なプライドの高い人間が、クレーマーのカモになりやすいタイプ。大企業の正社員や公務員は、自分が所属する団体が大きいと、不遜な態度をとりがちです。

かといって、特別に便宜を図れるほどの権限はないので防戦一方になってしまうというわけ。2~3時間攻め続けられると心が折れて、ピンチを切り抜けるために、その場しのぎの約束をしてしまって、ますます窮地に立たされるのです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。