体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾で最も熱いロックバンド Fire EX.(滅火器) の沖縄ツアー決定

台湾で最も熱いロックバンド Fire EX.(滅火器) の沖縄ツアー決定
 今、台湾で最も熱い4人組ロックバンドFire EX.(滅火器)が2月10日那覇output、11日石垣Bar Bbでライブを行うことが決定した。
 Fire EX.(滅火器)は、昨年2月13日、千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプ中、台湾のプロ野球チーム、ラミーゴ・モンキーズとの交流戦で、夏川りみとの始球式後、ライブを行い話題になった。さらにメンバーは那覇、石垣島へはプレイベートでも何度も訪れ島民との親睦も深めてきた。
 多大なる影響を受けたHi-Standard、HUSKING BEEら日本のメロディックパンクのエッセンスをベースに、台湾語を混ぜた詩情ある歌詞と激しいステージングは瞬く間に同年代の若者たちの心を掴み、熱狂的な観衆が集まることで一気に話題となり、台湾各地の音楽フェスの他、2009年末アメリカ・ニューヨークにてCMJへ出演、さらに北米最大規模の音楽フェスCMW(Canadian MusicWeek)とSXSWにも参加。日本では10-FEETやlocofrankなどと多くのバンドと親交が深く日台で共演を行う他、2012年にはSUMMER SONICへ出演。昨年2015年には細美武士率いるMONOEYESとアジア3か国を廻る共同ツアーも実現させ大成功を収め、2015年台湾のグラミー賞と称される「金曲賞」にて最優秀歌曲賞に輝き、インディーズのパンクバンドとしては異例の快挙を成し遂げている。
 2016年には、念願であった日本でのアルバムも発売し日本デビューを飾り、サマーソニック2016にも出演。さらに台湾・桃園国際野球場にて初のスタジアムコンサートも行い、見事1万人以上の動員を記録している。

◎公演情報
【Fire EX. 2017 OKINAWA mini tour】
2017年2月10日(金) 那覇 Output
Music from Okinawa PRESENTS
出演:Fire EX.(滅火器)/ THE BARCOX / FUNNY NOISE / Valve fiction / 地獄車
2017年02月11日(土)石垣 bar Bb
出演:Fire EX.(滅火器) / BLACK RAIN

関連記事リンク(外部サイト)

Hi-STANDARD主催【AIR JAM 2016】をスペースシャワーTVでテレビ初OA
Hi-STANDARD ザ・ビーチ・ボーイズなどのカヴァーシングル『Vintage & New, Gift Shits』ジャケット公開
Hi-STANDARD「なぜ事前告知なしでのリリースだったのか?」公式インタビュー&「ANOTHER STARTING LINE」MVフル公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。