ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中国Meizuがスマートフォン新作「Meizu MX」を元日に発売、店舗前には長蛇の列

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中国の電子機器メーカー 魅族(Meizu)が1年ぶりとなるスマートフォン新作「Meizu MX」を本日1日に中国国内で発売しました。この日、香港、北京、上海、広州、深圳のMeizu店舗では、インターネットで予約を行った方に対する販売が行われたのですが、店舗前には朝6時台から列ができはじめ、販売開始の午前10時前には、昨年のM9と同様に写真のような状態に。

本日発売されたMeizu MXはM9から大幅にスペックアップされたところが特徴。価格は2,999元(約37,000円)Android 2.3.x(Gingerbread)、4インチ解像度960×640ピクセルのシャープ製ASV液晶ディスプレイ、Samsung Exynos 4210 1.4GHz(デュアルコア)プロセッサー、1GBのRAM(LPDDR2 デュアルチャネル)、16GBの内蔵ストレージ、microUSB端子(S/PDIFout、USBホストモード、MHLをサポート)を搭載。カメラは前後に搭載されており、背面の800万画素裏面照射型CMOSカメラ(F値2.2、AF、フラッシュ付き)では、1080p@30fpsの動画撮影も可能。前面カメラの画素数は30万画素。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、GSM/GPRS/EDGE/WCDMA/HSPA+に対応します。SIMはマイクロSIMが採用されています。バッテリー容量は1,600mAh、本体サイズは 121.3mm×63.3mm×10.3 mm、質量は139g。同社はMeizu MXのクアッドコアCPU搭載版の発売も予定しています。Source : Meizu()、() 


(juggly.cn)記事関連リンク
UQ、WiMAXの上り速度を最大15.4Mbpsに引き上げた高速対応サービスを開始
Galaxy S II(GT-I9100)向けAndriod 4.0.3ベースのSamsung公式ファームウェアが流出
Android 4.0.3にアップグレードされたXperia arc用ソニエリ公式ICS ROMが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。